-->-->-->
 
Kojiro Irikura research presentation site
 
 
研究成果発表 メッセージ プロフィール 近況報告 リンク集 HOME
 
go to english page 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年 1995年 1994年 1993年 1992年 1991年 1990年 1989年 1988年 1987年 1986年 1984年 1983年 1982年 1980年 1979年 1978年 1977年 1976年 1975年 1974年 1973年 1972年 1971年 1970年 1969年 1968年 1967年 1966年
2017 発表、講演リスト
  • World Conference on Earthquake Engineering, 16WCEE., "Broadband ground motion simulations of mega-
    thrust subduction earthquakes based on multiscale heterogeneous-source model", 9th January 2017, Santiago, Chile
  • JpGU-AGU Joint Meeting 2017, "Long-period strong ground motions near the source fault of the 2016 Kumamoto earthquake", 20 May - 25 May 2017, Makuhari, Chiba.
  •  
  •  
2017 研究成果
  • Kojiro Irikura, Ken Miyakoshi, Katsuhiro Kamae, Kunikazu Yoshida, Kazuhiro Somei, Susumu Kurahashi and Hiroe Miyake: Applicability of source scaling relations for crustal earthquakes to estimation of the ground motions of the 2016 Kumamoto earthquake, Earth, Planets and Space (2017) 69:10http://link.springer.com/article/10.1186/s40623-016-0586-y
  • Kunikazu Yoshida, Ken Miyakoshi, Kazuhiro Somei and Kojiro Irikura: Source process of the 2016 Kumamoto earthquake (Mj7.3) inferred from kinematic inversion of strong-motion records, Earth, Planets and Space2017,69:64, DOI: 10.1186/s40623-017-0649-8
  •  
  •  
2016 発表、講演リスト
  • 日本地震工学会第4回総会基調講演 「2016年熊本地震に学ぶ強震動予測の到達点と今後の課題」2016年5月17日 建築会館ホール、東京
  • 日本地球惑星科学連合大会、「沈み込み巨大衝上地震の強震動予測の考え方」、5月24日、幕張、千葉 
  • 5th IASPEI/IAEE International Symposium: Effects of Surface Geology on Seismic Motion, Keynote "Methodology of simulating ground motions from mega-thrust earthquakes using multi-scale heterogeneous-source model", Taipei, Taiwan, 15-17 August, 2016
  • Sinotech Workshop:"Scaling relationships of source parameters of inland crustal-earthquakes in Japan – Examination of ground motion estimation of the 2016 Kumamoto earthquake –", Taipei, Taiwan, 18 August, 2016
  • 日本地震学会2016年度秋季大会、「日本国内の内陸地殻内地震の震源パラメータのスケーリング則の検証 − 2016 年熊本地震(Mj7.3)への適用−」 、2016年10月5日 名古屋国際会議場
2016 研究成果
  •  
  •  
  •  
2015 発表、講演リスト
  • 関西地震観測研究協議会(関震協) 地震防災フォーラム 阪神・淡路大震災から20年ー関震協の取り組みとその貢献を振り返るー、「二つの大震災に学んだこと」、建設交流館グリーンホール、大阪, 2015年1月9日
  • 北淡国際活断層シンポジウム2015, 招待講演, Estimation of Broadband strong Motions of Engineering Use for Mega-Thrust Subduction Earthquakes, 兵庫県立淡路夢舞台国際会議場, 2015年1月14日~15日
  • 阪神・淡路大震災20年シンポジウム,「 地震関連科学の到達点と新たな決意」, 兵庫県私学会館, 2015年1月24日
  • 日本地球惑星科学連合2015年大会、「多段階不均質震源モデルに基づく2011年Mw9.0東北地震の強震動の再現」、幕張メッセ, 2015年5月24日~28日
  • 26th IUGG General Assembly, "Strong ground motions from multi-scale heterogeneous-source model for the mega-thrust subduction earthquakes", Prague Congress Centre, Prague, Czech republic, June 22-July 2, 2015
  • Joint Workshop on OSAKA-ALMATY EARTHQUAKE PROBLEM, Keynote Topic, "Review on Simulation of Ground Motion by specified Fault, Path, and Site", Osaka, september 9, 2015.
  • Memorial conference 30 year after the 1985 Michoacan earthquake, "Broadband ground motion simulations of mega-thrust subduction earthquakes based on multi-scale heterogeneous-source model", Mexico City, September 17-19, 2015
  • 日本地震学会2015年度秋季大会、「2011年Mw9.0東北地震の広帯域強震動の震源モデル」、神戸国際会議場、2015年10月26日~28日
      
  • Best Practices in Physics-based Fault Rupture Models for Seismic Hazard Assessment of Nuclear Installations , "Current practice of simulation technique for design basis ground motions for nuclear installations in Japan" Vienna, Austria, November 18-20, 2015
2015 研究成果
  • 赤澤隆士、入倉孝次郎、KiK-net 地中観測記録を利用した震源特性・伝播経路特性評価手法の構築、日本建築学会構造系論文集、第80巻、第708号、231-240、2015年2月
  • Satoko Murotani, Shinichi Matsushima, Takashi Azuma, Kojiro Irikura and Sadayuki Kitagawa: Scaling Relations of Source Prameters of Earthquakes Occurring on Inland Crustal Mega-Fault Systems, Pure Appl. Geophys. 172, 1371-1381, 2015.
  • 宮腰研、入倉孝次郎、釜江克宏、強震動記録を用いた震源インパ―ジョンに基づく国内の内陸地殻内地震の震源パラメータのスケーリング則の再検討、日本地震工学会論文集、第15巻、第7号(特集号)、141-156、2015
  •  
2014 発表、講演リスト
  • Second Japanese-Bulgarian Scientific Conference, Keynote speech, “Seismic Hazard and Earthquake Disaster Prevention Studies in Japan – Lessons Learnt from 1955, Mw6.9, Kobe Earthquake and the 2011, Mw9.0, Tohoku Earthquake”, Bulgarian Academy of Sciences, Sofia, Bulgaria, 2013年3月26日、27日
  • 日本地球惑星科学連合大会、「長周期地震動のための緊急地震速報の高度化」、 4月28日~5月2日、パシフィコ横浜
     
  • 建築学会地盤震動小委員会 地域交流会講演、「強震動研究の復興 ―2つの大震災(1995年阪神淡路大震災・2011年東日本大震災)に学んだこと―」 神戸大学工学部LR402室、9月13日
      
  • 5th Asia Conference on Earthquake Engineering (5ACEE), "Multi-Scale Heterogeneity Model for Predicting Strong Ground Motions from Mega-Thrust Subduction Earthquakes", October 16-18, 2014, Taipei, Taiwan
  • 日本地震学会2014年度秋季大会, 特別セッション「新潟地震50周年・新潟県中越地震10周年:これからの地震研究と災害軽減」招待講演「1964年新潟地震と安芸敬一」, 新潟, 2014年11月24日~26日jishingakkai2014-1964niigatajishin.pdf へのリンク
  • 入倉孝次郎、宮腰研、釜江克弘: 第14回日本地震工学シンポジウム、「強震動記録を用いた震源インバージョンに基づく国内の内陸地殻内地震の震源パラメータのスケーリング則の再検討」、幕張、2014年12月4日~6日14JEES_201412004_final_rev.pdf へのリンク
  • 倉橋奨、入倉孝次郎:「2011 年東北地方太平洋沖地震における強震動生成域からの長周期地震動」、第14回日本地震工学シンポジウム論文集、CD-ROM, OS1-Sat-AM-8, 2014.
  • 王欣、正木和明、入倉孝次郎、源栄正人、久田嘉章:「超高層ビルの層間せん断波速度の抽出およびヘルスモニタリングへの応用」, 第14回日本地震工学シンポジウ論文集、CD-ROM, PS2-Fri-29,2014
2014 研究成果
  • 池田隆明、小長井一男、釜江克宏、入倉孝次郎、清田隆、目黒公郎:断層モデルと地盤の非線形性を考慮した簡便な強震動予測手法の提案、土木学会論文集A1(構造・地震工学】、Vol.70, No.4(地震工学論文集第33巻)、252-262、2014
  • Satoko Murotani, Shinichi MatsushimaMatsushima, Takashi Azuma, Kojiro Irikura, Sadayuki Kitagawa, Scaling Relations of Source Parameters of Earthquakes Occurring on Inland Crustal Mega-Fault Systems, Pure and Applied Geophysics PAGEOPH, December 2014
  • Atsushi NOZU, Masayuki YAMADA, Takashi NAGAO, Kojiro IRIKURA, GENERATION OF STRONG MOTION PULSES DURING HUGE SUBDUCTION EARTHQUAKES AND SCALING OF THEIR GENERATION AREAS 日本地震工学会論文集第14巻、第6号(Vol.14, No.6), p.96_117, 2014
  •  
2013 発表、講演リスト
  • 平成24年度地震研究所研究集会ー地震動の即時予測と防災に向けた情報の活用、「P波震動波形からS波最大動の波形を即時予測する方法」、東京大学地震研究所、2013年1月10日~11日
  • 京都大学防災研究所ー強震動評価とその活用に関する研究集会、「2011年東北地 方太平洋 沖地震に学ぶ海溝型巨大地震の強震動予測レシピの考え方」、京都大学防災研究所、2013年3月25日 
  • The 2013 SSA Annual Meeting, "Recipe of Predicting Strong Motions from Mega-Thrust Earthquakes", Salt Lake City, USA, 2013年4月17日~19日
     
  • 地球惑星科学連合大会、「地球科学研究の原子力研究の耐震安全性へのかかわり」、幕張メッセ、千葉、2013年5月24日
     
  • The joint symposium of seismic hazard assessment, Special lecture, "Lessons learned from the 2011 Tohoku earthquake for reducing earthquake disasters" Sendai, Japan, 2013年6月17日
     
  • (社)日本建築学会近畿支部 耐震構造研究部会シンポジウム 想定を超える地震・地震動に対する建築物の応答と今後の耐震設計、基調講演「南海トラフの巨大地震に対する強震動予測レシピと地震動特性」、大阪建設交流館、2013年7月2日
     
  • Joint Assembly IAHS-IAPSO-IASPEI, "Earthquake scenarios for predicting strong ground motions from subduction mega-thrust earthquakes", Gothenbrug, Sweden, 2013年7月22日~26日
     
  • 10th International Workshop on Seismic Microzoning and risk Reduction,"Some features of strong ground motions and structural damage during the 2011 Mw 9.0 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake", 政策研究大学院大学, 2013年9月25日
     
  • 日本地震学会2013年度秋季大会, 「沈み込み型巨大地震からの長周期強震動 (2-20秒) の評価の考え方」, 横浜, 2013年10月7日~9日
     
  • サイエンスアゴラ「地球に生きる素養って何?-対話で考える、私と地球の付き合い方-」、「私と地震との付き合い方」、産業技術総合研究所臨海副都心センター, 2013年11月9日
  • 「原子力が有する社会的リスクと科学的リスク-リスク概念を導入した原子力発電の安全性向上を目指して-」フォーラム基調講演、「地震動と断層問題」、科学技術館、2013年11月15日
  • 愛知工業大学地域防災研究センター10周年記念シンポジウム、「南海トラフの巨大地震に備えた地域防災力向上の取り組み~これまでの10年、これからの10年~」、「南海トラフ巨大地震でどのようなことが起こるのか―東日本大震災から学んだことー」、ホテル名古屋ガーデンパレス、2013年11月26日
2013 研究成果
  • 王欣,正木和明,入倉孝次郎:常時微動を用いた被災建物の層間せん断波速度測定、日本地震工学会論文集第13巻、第2号(Vol.13, No.2)22-36、2013年3月、特集号「2011年東日本大震災」その3
  • 田島礼子、松元康広、司宏俊、入倉孝次郎:内陸地殻内および沈み込みプレート境界で発生する巨大地震の震源パラメータに関するスケーリング則の比較研究、地震、第2輯、第66巻、31-45、2013年
  • Susumu Kurahashi and Kojiro Irikura, Short-period Souce Model of the 2011 Mw9.0 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake, BSSA, Vol.103, No.2B, 1373-1393, May 2013
  •  
2012 発表、講演リスト
  • 「巨大災害の軽減と持続的社会の調和に我々はどう取り組むべきか?」日本学術会議主催学術フォーラム「東日本大震災を教訓とした巨大災害軽減と持続的社会実現への道」日本学術会議講堂、2012年2月11日 
  • 「東日本大震災に学ぶこれからの日本の地震防災対策のあり方」大阪ビルディング協会セミナー講演、2012年2月28日、大阪北浜フォーラム 
  • Keynote Lecture; Strong Ground Motions during the 2011 Pacific Coast Off Tohoku, Japan Earthquake, Kojiro Irikura and Susumu Kurahashi, One Year after 2011 Great East Japan Earthquake - International Symposium on Engineering Lessons Learned from the Giant Earthquake -, March 1-4, 2012, Kenchikukaikan Tokyo Japan
  • Source model of generating strong ground motions during the 2011 Tohoku earthquake and a recipe of predicting ground motions for mega-thrust earthquakes, Kojiro Irikura and Susumu Kurahashi,International Workshop on Strong Motion Evaluation and Prediction, DPRI, Kyoto University, March 5, 2012
  • Source model of generating strong ground motions during the 2011 Tohoku earthquake and a recipe of predicting ground motions for mega-thrust earthquake, Kojiro Irikura and Susumu Kurahashi, JSPS International Scientific Meeting on Megathrust Earthquakes., April 4-5, 2012, Tokyo
  • 基調講演;『東日本大震災を教訓として、原子力施設のような重要構造物の耐震性はどのように確保すべきか?』日本機械学会「大震災を克服し持続可能な社会を築くために」2012年4月20日、明治会館
  • 「東日本大震災に学ぶこれかの日本の地震防災の方策」あいぼう会例会講演、愛知工業大学(本山キャンパス)2012年4月25日
  • 「東日本大震災で何が起こったのか?-これからの日本の地震防災のあり方と考えようー」海の星学寮講演、京都タワーホテル 2012年6月10日
  • 基調講演:「地震動・津波による原発事故の検証-重大事故を2度と起こさないために、我々は何をすぺきか?-」日本学術会議 連続シンポジウム 「巨大災害から生命と国土を護る-24学会からの発信-」 第6回「原発事故からエネルギー政策をどう建て直すか」,日本学術会議講堂, 2012年7月24日
  • ESC2012 European Seismological Commission, 33-rd General Assembly, "Short-Period Source Model of the 2011 Tohoku Earthquake and Recipe of Predicting Strong Ground Motions from Mega-Thrust Earthquakes" August 19- 24, Moscow, Russia
  • KSEG International Symposium on "Geophysics for Discovery and Exploration", "What happened during the 11 March 2011 Tohoku, Japan Earthquake ? - Tsunami Waves, Strong Ground Motions and Nuclear Power Plant Accident", September, 19-21, 2012,ICC, Jeju, Republic of Korea.
  • 「活断層、地震動、原発の安全性」、神奈川大学生涯学習・エクステンション講座「連続講演会 大規模災害と減災 Part2」、神奈川大学横浜キャンパス 2012年10月6日
  • 海溝型巨大地震の強震動予測レシピの考え方 - 2011 年東北地震の短周期震源モデルに学ぶ-」日本地震学会秋季大会, 函館、2012年10月18日
  • パネルディスカッション「防災、減災を考える―東日本大震災から1年半」、65回新聞週間「記念の集い」、朝日生命ホール、大阪 2012年10月20日
  • 第40回地盤震動シンポジウム、2011東北地方太平洋沖地震から何を学び、どう活かすか。-巨大地震に備えるための地盤震動研究ー、特別講演「今後の地盤震動研究へのメッセージ」「海溝型巨大地震の強震動予測のための震源モデルの構築」、建築会館、東京 2012年11月6日
  • 「東日本大震災に学び、南海トラフ地震に対していかに備えるべきか、を考える」、活断層学会2012秋季大会シンポジウム、「近畿の活断層と大地震」 、黄檗プラザ、宇治 活断層学会, 2012年11月17日
  • 近畿建設協会南海トラフ地震防災講演会、「南海トラフ巨大連動地震による被害想定を考える」、大手前ホール、大阪、2012年11月26日
2012 研究成果
  • 入倉孝次郎:東北地方太平洋沖地震を踏まえた原子力発電所の耐震・耐津波指針、学術の動向 March 2012, Vol.17, No.3, 36-40, 2012gakujyutunodoukou.pdf へのリンク
  • 入倉孝次郎:東北地方太平洋沖地震に学ぶ超巨大海溝型地震の特徴と今後の地震対策、地理 3月号, Vol.57, 40-50, 2012
  • 入倉孝次郎:巨大災害の軽減と災害につよいまちづくりに我々はどう取り組むべきか?、学術の動向 特集◆東日本大震災を教訓とした巨大災害軽減と持続的社会実現への道 August 2012, Vol. , No. , 14-19, 2012gakujyutunodoukou2012-8.pdf へのリンク
  • 野津厚、山田雅行、長尾毅、入倉孝次郎: 海溝型巨大地震における強震動パルスの生成とその生成域のスケーリング、日本地震工学会論文集、第12巻、第4号、209-228, 2012
2011 発表、講演リスト
  • Recipe for predicting strong ground motions for inland mega fault earthquakes, Kojiro Irikura and Susumu Kurahashi, Internaional Symposiuk on "The 2001 Bhuj earthequake and Advances in earthaquake Sience(AES2011), 22-27 January 2011 India
  • Improvement of the Recipe for Prediction of Strong Ground Motions for Inland Mega-fault Earthquakes, Kojiro Irikura, Susumu Kurahashi and Anatoly Petukhin, Seismological Society of America(SSA) 2011 Annual Meeting, 13-15 April 2011, Memphis, Tennessee, USA
  • Source Model for Generating Strong Ground Motions during the 11 March 2011 off Tohoku, Japan Earthquake, Kojiro Irikura and Susumu Kurahashi, Seismological Society of America(SSA) 2011 Annual Meeting, 13-15 April 2011, Memphis, Tennessee, USA
  • Ground-motion simulation for nuclear power plant in Japan, Kojiro Irikura, Workshop on ground-motion simulation for Nuclear Power Plant and metropolis, 25 Apr. 2011, Taipei, Taiwan.
  • 疑似動力学的なマルチサイクル・シュミレーションに基づいた巨大内陸地震(Mw>7)の震源特性に関する考察、入倉孝次郎、宮腰研、Petukhin Anatoly, 香川敬生、日本地球惑星科学連合大会、2011年5月22~27日、千葉、幕張
  • Accidents at Fukushima No1 Nuclear Power Plant caused by the 2011 Tohoku earthquake, K. Irikura, IUGG 2011, 28 June - 7 July 2011, Melbourne Australia
  • Strong Motion Prediction for Inland Crustal Earthquakes Based on Active Fault Survey, K. Irikura, XVIII INQUA-Congress, 21-17 July 2011, Bern Switzerland
  • 東北地方太平洋沖地震に学ぶ超巨大海溝型地震の特徴と今後の地震対策、入倉孝次郎、東日本大震災シンポジウムー地球人間圏学の視点ー、2011年10月9日、関西大学
  • 東北地方太平洋沖地震における大加速度記録の検証、入倉孝次郎、倉橋奨、日本地震学会2011年秋季大会、2011年10月12日~15日、静岡県コンベンションアーツセンター・グランシップ
  • なぜ巨大地震は予知できなかったか、入倉孝次郎、リアルタイム地震情報利用協議会 地震防災シンポジウム 東日本大震災ー私たちの失敗、2011年10月18日、日本財団ビル
  • 東北地方太平洋沖地震を踏まえた原子力発電所の耐震指針、入倉孝次郎、原子力総合シンポジウム2011、2011年10月19日、日本学術会議講堂
  • Keynote Lecture; Sismologia, prediccion de temblores incluyendo instrumentacion, fallas activas, simulacion de movimientos fuertes, codigos y regulacion de edificios y estructuras importantes como plantas de generacion de energia nuclear., Kojiro Irikura, XVIII National Conference on Earthquake Engineering, Aguascalientes, Mexico, October 27, 2011
  • Source Model for Generating Strong ground Motions during the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake", Kojiro Irikura and Susumu Kurahashi, AGU Fall Meeting 2011, San Francisco, California, USA, 5-9 December
2011 研究成果
  • 入倉孝次郎:耐震設計審査指針とバックチェック、日本原子力学会誌 アトモス、Vol.53, No.3, 179-184, 2011
  • 池田隆明、釜江克宏、入倉孝次郎:経験的グリーン関数法を用いた震源のモデル化と地盤の非線形性を考慮した地震動評価 2005年福岡県西方沖の地震と2007年能登半島地震への適用、日本建築学会構造系論文集、第76巻、第665号、1253-1261、2011年7月
  • Susumu Kurahashi and Kojiro Irikura,Source model for generating strong ground motions duringthe 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake Earth Planets Space, Vol. 63 (No. 7), pp. 571-576 
  • Irikura, K., and H. Miyake, Recipe for predicting strong ground motion from crustal earthquake scenarios, Pure Appl. Geophys., 168, 85-104, doi:10.1007/s00024-010-0150-9, 2011.(Link) 
     
  • 入倉孝次郎:地震防災のための強震動予測ー阪神・淡路大震災そして新潟県中越沖地震に学ぶー、Geo consultant Annual Report, No.6, 9-11, 2011
  • 入倉孝次郎:これからの耐震設計には何が必要か、化学、Vol.66, No.6, 26-27, 2011
  • 入倉孝次郎:大地震にも負けない国造りー免震・制震への期待ー、MENSHIN, No.74, 1-2, 2011
2010 発表、講演リスト
  • New method for Earthquake Early Warning System available for magnitude 8-class earthquakes: Kojiro Irikura, Susumu Kurahashi and Kazuaki Masaki. Hokudan 2010 International Symposium on Active Faulting,17-20 Jan. 2010, Hokudan Earthquake Memorial Park in Awaji City, Awaji Island, Japan(PDF20KB)
  • 直下地震や巨大地震の減災に役立つ緊急時地震速報システムの構築をめざして, 入倉孝次郎、第9回国土セイフティネットシンポジウム~震度の一歩先を目指して~, 2010年2月4日、パシフィコ横浜(PPT4015KB) 
  • The 9th International Workshop on Seismic Microzoning and Risk Reduction (9thIWSMRR) , "A Recipe for Microzoning Aimed to Earthquake Disaster Prevention", Cuernavaca, Mexico, 21-24 February, 2010. (PDF32KB)
  • 直下地震や巨大地震に有効な緊急地震速報の高度化をめざして、入倉孝次郎、倉橋奨、正木和明、日本地球惑星科学連合、2010
  
  • 内陸地殻内地震の特性化震源モデルの高度化―短周期レベルと地震モーメントの関係―、入倉孝次郎、松元康広、司宏俊、日本地震学会2010年秋季大会、2010年10月27日-10月29日、広島
      
  • EVALUATION OF STRONG GROUND MOTIONS FROM FUTURE LARGE CRUSTAL EARTHQUAKES FOR SEISMIC SAFETY OF NUCLEAR POWER PLANTS, K. Irikura & S. Kurahashi, The 8th ASC General Assembly (ASC2010), ベトナム、ハノイ, 2010年11月8日-11月10日
      
  • 「長大な活断層に発生する地震に対する強震動予測のためのレシピの高度化」Upgrading of Recipe for Predicting Strong Ground Motions from Inland Mega-Fault Earthquakes、第13回日本地震工学シンポジウム, つくば、2010年11月18日-11月20日、PPT(2230KB)
      
  • "Further Advancement of Strong Motion Evaluation -Expectation for deep boreholes seismic observation and geophysical exploration from viewpoint of ground motion evaluation-" At the joint session on “Session A: Earthquake and Ground Motion” and “Workshop 1: Seismic Observation in Deep Boreholes and its Applications”, In First Kashiwazaki International Symposium on Seismic Safety of Nuclear Installations “Mission for Technology Innovation toward Next Generation”Organized by Japan Nuclear Energy Safety Organization (JNES) and International Atomic Energy Agency (IAEA) 24-26 November 2010, Niigata Institute of Technology, Kashiwazaki, Niigata, Japan PPT(5967KB)
  • 東京大学地震研究所研究集会「揺れる直前の地震動 予測:さらなる迅速化と精度向上」「直下地震および巨大地震に対 応した緊急地震速報の高度化」東大地震研究所、2010年12月6日~7日(PDF48KB)(PPT3437KB)
2010 研究成果
  • Moya, A., and K. Irikura (2010). Inversion of a velocity model using artificial neural networks, Computers & Geosciences, doi:10.1016/j.cageo.2009.08.010. 
  • Panza, G. F., K. Irikura, M. Kouteva, A. Peresan, Z. Wang, and R. Saragoni (2010). Advanced seismic hazard assessment, Pure Appl. Geophys., doi: 10.1007/s00024-010-0179-9. 
  • Zhang, W., T. Iwata, and K. Irikura (2010). Dynamic simulation of the 1999 Chi-Chi, Taiwan, earthquake, J. Geophys. Res., 115, B04305, doi:10.1029/2008JB006201. 
  • 松島信一、室谷智子、吾妻崇、入倉孝次郎、北川貞之(2010)内陸地殻内の長大断層で発生する地震に関するスケーリング則、北海道大学地球物理学研究報告、NO73, March2010, 117-127
  • Kurahashi, S., and K. Irikura, Characterized Source Model for Simulating Strong Ground Motions during the 2008 Wenchuan Earthquake, Bulletin of the Seismological Society of America, v. 100, p. 2450-2475, doi:10.1785/0120090308, November 2010.
2009 発表、講演リスト
  • K. Irikura, S. Kurahashi and K. Miyakoshi, Verification and Applicability of "Recipe" of Predicting Strong Ground Motions for Inland Crustal Earthquakes. The IASPEI General Assembly in Cape Town, 10-16 January 2009(PDF14KB)
  • 原子力安全フォーラム2009、東洋大学井上円了ホール、2009年2月24日
  • Experts' meeting on Guidance for Evaluation of Seismic Hazards for Nuclear Installations (DS-422), Nuclear and Industrial Safety Agency, Ministry of Economy, Trade and Industry, Tokyo, Japan. 2009年2月26日~2月27日
  • 地震防災に関する講習会、「強震動予測レシピは地震災害の軽減に役立つのか ー中越沖地震、岩手・宮城内陸地震など最近の被害地震に学ぶー」愛知工業大学 本山キャンパス, 2009年3月6日(PDF431KB)
  • K. Irikura, Best-fit Souce Model for Simulating Strong Ground Motions from the 2007 Niigata-ken Chuetsu-oki earthquake. 8th International Workshop on Seismic Microzoning and Risk Reduction (8IWSMRR),Almeria, Spain, 15-18 March, 2009
  • Kojiro IRIKURA, Katsuhiro KAMAE, Ken MIYAKOSHI and Susumu KURAHASHI: Verification of Methodology for Predicting Strong Ground Motion Based on Characterized Source Model –Learning from Recent Disastrous Earthquakes in Japan-, SSA 2009 Annual Meeting, Monterey, California, 8-10 April(PDF13KB)
      
  • 入倉孝次郎、地震動予測研究の到達点と次世代型への脱皮、金井清先生追悼シンポジウム、-地震動研究の“これまでとこれから”-、東京大学山上会館、2009年4月21日(PDF93KB)(PPT4530KB)
  • 緊急地震速報国際ワークショ ップ, 'Basic study for developing the Earthquake Early Warning system for great earthquakes - case of ground motions in large crustal earthquakes -', kyoto, Japan. 22, April 2009
      
  • 入倉 孝次郎、宮腰 研、倉橋 奨、Petukhin Anatoly、山本容維、釜江 克宏、川辺 秀憲: Best-fit Source Model for Simulating Strong Ground Motions from the 2007 Niigata-ken Chuetsu-oki earthquake, (PDF12KB)地球惑星科学連合大会、幕張、千葉 2009年5月16日~5月21日
  • 愛知工業大学開学50周年記念シンポジウム、“南海トラフの巨大地震に備えた企業防災力向上の取り組み”基調講演、「中越沖地震、岩手・宮城内陸地震、中国四川地震など最近の被害地震に学ぶ地震災害軽減の方策」2009年6月4日
  • Kojiro Irikura, Susumu Kurahashi and Ken Miyakoshi: New developments of strong motion prediction learning from recent disastrous crustal earthquakes, International Symposium on Earthquake Seismology and Earthquake Predictability, July 5 to 9, Beijing, China. (PDF9KB)
  • Kojiro Irikura, Lessons for earthquake disaster prevention learned from recent desastrous earthquakes, 2009 Suruga-wan earthquake, 2008 Wenchuan earthquake, 2007 Chuetsu-oki earthquake, (駿河湾の地震、四川地震、中越沖地震など最近の被害地震に学ぶ地震防災のあり方), 日墨400周年記念シンポジウム、けやき会館, 2009年10月2日~10月3日(PDF10KB)
  • 入倉孝次郎、倉橋奨:長大断層地震のための強震動予測レシピー四川大地震の強震動記録による検証ー、日本地震学会2009秋季大会、京都大学百周年記念ホール、京都2009年10月21日(PDF19KB) PPT(PDF1764KB)
  • 入倉孝次郎:平成19年(2007年)新潟県中越沖地震2周年シンポジウム、「活断層評価と重要構造物の安全性」、日本活断層学会2009年秋季学術大会、東洋大学 1号館(PDF35KB) PPT(PDF1451KB)
  • Kojiro Irikura, Conference on Building and Protecting in Seismic Areas, "Development of Seismic Hazard Assessment in Japan- Lessons Learned from recent disastrous earthquakes-"23, November 2009,Naples, Italy.
2009 研究成果
  • 鶴来雅人,香川敬生,入倉孝次郎:強震動予測のための高域遮断フィルターに関する研究(その2)-2005年福岡県西方沖地震の観測記録に基づく検討-,日本地震工学会論文集,Vol.9,No.1,pp.1-18,2009.
  • 入倉孝次郎:”揺れ”を予測するー活断層情報を防災に活かすー岩波科学2月号 特集 活断層とは何か, 188-190, 2009.(PDF1009KB)
  • 鶴来雅人,香川敬生,入倉孝次郎:地殻内地震の応力パラメータに関する基礎的研究 -2003年宮城県北部地震および2005年福岡県西方沖地震-,Vol.55A,CD-ROM,7-2,2009.
  • 赤澤隆士, 入倉孝次郎, 岡崎敦, 羽田浩二: 時間領域における経験的地盤増幅特性評価手法の開発、日本建築学会構造系論文集、第74巻、第638号、611-618、2009年4月
  • John X. Zhao, Jian Zhang, Kojiro Irikura, Side effect of using response spectral amplification rations for soil sites-variability and earthquake-magnitude and source-distance dependent amplification ratios for soil sites, Soil Dynamics and Earthquake Engineering, Vol.29, issue 9, 1262-1273, 2009.
  • Opršal, I., C. Matyska, and K. Irikura (2009). The source-box wave propagation hybrid methods: general formulation and implementation, Geophys. J. Int., 176, 555-564. 
  •  
  •  
2008 発表、講演リスト
  • 北淡活断層シンポジウム2008「近畿地方を襲う近未来の大地震と防災」「想定南海地震による強震動予測と大規模構造物の被害想定」北淡震災記念公園セミナーハウス、2008年1月12日・13日
  • セミナー「地震は必ず起こる」-電子産業、機械産業、医療システム、発電所ではー地球上又は日本列島を襲う災害 特に地震について」航空会館、2008年1月24日
  • SGST平成19年度第6回定期研究会「新潟県中越沖地震から学ぶ原子力発電所の耐震安全性の課題」愛知工業大学本山キャンパス、2008年2月20日
  
  • 京都大学防災研究所研究発表講演会「2007年中越沖地震の震源破壊過程と強震動」入倉孝次郎、倉橋奨、宮腰研、香川敬生、2008年2月28,29日、京都テルサ(PDF1597KB) 
  • 安全フォーラム2008(NSRF2008) - 原子力施設の耐震安全と安全研究-パネル討論ー地質・地盤調査、地震動策定に関する研究ー、東洋大学 井上円了ホール、2008年2月29日
  • 3大学連携ワークショップ’08 地震災害とリスクマネージメントー市民と企業の防災力向上に向けー 基調講演「日本の強震動研究の現状」 愛知工業大学本山キャンパス、2008年3月1日
  • 第5回都市地震工学国際会議 "NEW DEVELOPMENTS OF STRONG MOTION PREDICTION LEARNING FROM RECENT DISASTROUS EARTHQUAKES", コクヨホール, 2008年3月4日
      
  • 日本地球惑星科学連合討論会「日本地球惑星科学連合の法人化計画について」「地球惑星科学の現状と課題,コミュニティへの期待」東京大学本郷キャンパス理学部1号館2階小柴ホール、2008年3月14日
  • 日本地震工学会、関西地震観測研究協議会主催セミナー「強震動予測レシピ-新潟県中越沖地震や能登半島地震などに学ぶ-」「強震動予測レシピ」 大阪工大摂南大学大阪センター, 2008年4月11日(PDF996KB)(PDF310KB)
  • 第6回地球を考える会 「中越沖地震と原子力発電所」 アークヒルズクラブ 2008年4月14日(PDF237KB)(PPT4498KB)
      
  • (社)科学技術と経済の会 第36回技術予測シンポジウム「日本列島の地震動の最新研究と構造物に与える影響-早急に対応すべき長周期地震動の課題-」コクヨホール 2008年4月18日(PDF4710KB)
  • 大阪国際サイエンスクラブ会員の集い「新潟県中越沖地震から学ぶ原子力発電所の耐震安全性の課題」大阪科学技術センタービル 2008年4月23日 (PDF10KB)
  • 日本地球惑星科学連合2008年大会「活断層情報に基づく強震動予測の高度化」幕張メッセ 2008年5月27日
  • 日本地球惑星科学連合2008年大会「日本学術会議の役割」幕張メッセ 2008年5月28日
  • 名古屋大学防災アカデミー講演「原発と地震 -新潟県中越沖地震の教訓ー」名古屋大学環境学総合館1階レクチャーホール 2008年6月16日
  • 耐震安全性に関するIAEA国際ワークショップ "Actions for Seismic Safety of Nuclear Power Reactor Facilities in the Nuclear Safety Committee of Japan and Lessons from the 2007 Niigata-ken Chuetsu-oki Earthquake" 柏崎産業文化会館 2008年6月19日
  • 安全工学シンポジウム「原子力発電所の新しい耐震指針の改訂と中越沖地震の教訓」2008年7月10日(PDF34KB)
  • 原子力安全システム研究所 定例講演会講演「耐震設計審査指針の改訂と新潟県中越沖地震の教訓」2008年7月23日(PDF8KB)
  • 京都大学連続公開シンポジウム「倫理への問いと大学の使命」第3回「研究の自由」における倫理 基調講演「科学者の倫理と行動規範」京都大学時計台百周年記念ホール 2008年9月3日
  • 日本活断層学会2008年度秋季学術大会 シンポジウム「活断層からの地震発生予測の諸問題~岩手・宮城内陸地震を例として~」「2008年岩手・宮城内陸地震の震源モデルと強震動 ーなぜ4000ガルの強震動 が生成されたのか?-」, 東京大学山上会館 2008年11月7日(PDF770KB)(PPT/PDF2956KB)
  • 第7回アジア国際地震学連合(ASC)総会・2008年日本地震学会(SSJ)秋季大会合同大会 Applicability of Strong Motion Prediction Recipe for Recent Disastrous Earthquakes, 7th General Assembly of Asian Seismological Commission and Seismological Society of Japan, 2008 Fall meeting, Tukuba, Japan, 24-27 November, 2008.(PDF163KB)
      
      
2008 研究成果
  • 入倉孝次郎:新潟県中越沖地震から学ぶ原子力発電所の耐震安全性の課題ー基準地震動評価のために考慮すべきことー、日本地震工学会会誌第7号(2008年1月)(PDF4028KB) 
  • Dalguer, L.A., H. Miyake, S.M. Day and K. Irikura (2008), Surface Rupturing and Buried Dynamic Rupture Models Calibrated with Statistical Observations of Past Earthquakes. Bull. Seismol. Soc. Am. 98, 1147-1161, doi: 10.1785/0120070134(PDF1169KB)
  • A.Nozu and K.Irikura, Strong-Motion Generation Areas of Great Subduction-Zone Earthquake:Waveform Inversion with Empirical Green's Functions for the 2003 Tokachi-oki earthquake. Bull. Seismol. Soc. Am. 98, 180-197, Feb. 2008, doi: 10.1785/0120060183(PDF1875KB)
  • Kurahashi, S., K. Masaki, and K. Irikura (2008). Source model of the 2007 Noto-Hanto earthquake (Mw 6.7) for estimating broad-band strong ground motion, Earth Planets Space, 60, 89-94. 
2007 発表、講演リスト
  • 京都大学「災害医療を考える」シンポジウム:京都を襲う大地震とその揺れの特徴、京都大学百周年時計台記念館国際交流ホール、平成19年1月13日 
  • 振興調整費「総合化地下構造データベースの構築」シンポジウム:地震防災対策のための地下構造データベースと強震動予測の高度、つくば国際会議場、2007年3月9日(PDF1257KB)
  • GRI技術講演会「災害に強い国(強災国)への整備に向けてー強震動予測と都市地下空間活用ー:強震動予測の到達点と今後の展望、建設交流館グリーンホール(大阪)、2007年4月5日
  • 日本学術会議地球規模の自然災害に対して安全・安心な社会基盤の構築シンポジウム「災害要因となる自然災害の解明と予測」日本学術会議, 2007年5月9日
  • 日本地球惑星科学連合2007年大会 「セグメントを考慮した長大断層の地震のスケーリング則」幕張メッセ国際会議場, 2007年5月21日
  • 平成18年度地盤情報データベース作成委員会報告会 特別講演「地盤情報を活かした強震動予測」大阪市立大学文化交流センター, 2007年6月1日
  • 2007年度地盤工学会・研究発表会・技術者交流特別セッション招待講演「強震動予測の到達点と地盤工学への期待」名古屋国際会議場, 2007年7月5日
  • K. Irikura, T. Kagawa, K. Miyakoshi and S. Kurahashi, Ruputre process and strong ground motions of the 2007 Niigataken Cyuetsu-Oki earthquake -Directivity pulses striking the Kashiwazaki-Kariwa Nuclear Power Plant-, The 2007 SCEC Annual Meeting, Palm Springs, CA, Sep. 9-12, 2007(PDF2437KB)
  • 日本地震学会秋季大会「最近の内陸地震の強震動観測記録に基づく強震動予測レシピの検証」仙台国際センター, 2007年10月26日
  • 内閣府原子力安全委員会「市民参加懇談会in横浜」ー新潟県中越沖地震に学ぶーパネリスト,新都市ホール, 2007年10月29日
  • 金森先生京都賞受賞記念シンポジウム「Strong ground motions at the Kasiwazaki-Kariwa nuclear power plant during the Niigata chuestu oki earthquake」京都大学防災研究所, 2007年11月7日
  • 第2回国際ワークショップ「長周期地震動と地下構造」"Achievements and Overviews of Long-Period Ground Motion Prediction and Damage Potential Map for Great Subduction Earthquakes"東京大学地震研究所, 2007年11月9日
      
  • 平成19年度NISA・JNES 2007シンポジウム「新潟中越沖地震と原子力施設の安全性」パネリスト 有楽町朝日ホール, 2007年11月14日
      
  • 栃木県立栃木高等学校創立111周年記念講演会, 2007年11月16日
2007 研究成果
  • 入倉孝次郎:原子力発電所の耐震設計のための基準地震動、日本地震工学会会誌第5号(2007年1月)(PDF360KB)
  • Kojiro Irikura: Predicting strong ground motions with a “Recipe”, Bull. Earthq. Res. Inst. Univ. Tokyo, Vol. 81, pp.341-352, 2007.
  • 赤澤隆士、入倉孝次郎:Meyer-Yamadaのウェーブレットを利用した非定常地盤増幅特性の経験的評価、日本建築学会構造系論文集、第615号、101-108、2007年5月.
  • Jorge Aguirre and Kojiro Irikura:Source Characterization of Mexican Subduction Earthquakes from Acceleration Source Spectra for the Prediction of Strong Ground Motions,Bulletin of the Seismological Society of America, Dec 2007; 97: 1960 - 1969.[Link]
2006 発表、講演リスト
  • 近畿圏で想定される広域地震災害とその特徴、平成17年度第5回近畿防災・機器管理研究会「近畿圏で想定される広域災害に備える」、大阪農林会館、平成18年3月3日 
  • 日本の強震動研究、日本の強震観測とESG研究の歩み講演会、東京ガーデンパレス、平成18年3月29日 
  • K. Irikura, H. Miyake: Recipe for Predicting Strong Ground Motions: State of the Art and Future Prospects, 100th Anniversary Earthquake Conference, San Francisco, California, April 18-21, 2006 
  • 入倉孝次郎, 三宅弘恵, 香川敬生, 粟田泰夫, 佐藤俊明, 壇一男, 松島信一, 宮腰研:長大断層で発生する地震の強震動予測:固有地震と非固有地震・活動セグメントと その連動, 日本地球惑星科学連合2006年大会, 2006年5月14日(PDF8KB)
  • 京都大学防災研究所研究集会:使える地震予測を目指して-最近10年間の地震予知研究における成果と展望-「強震動予測とアスペリティモデル」京都大学宇治キャンパス内 木質ホール, 2006年6月8日(PDF121KB)(PPT/PDF3746KB)
  • K. Irikura:Earthquake hazard prediction: Asia Oceania Geoscience Society's 3rd Annual Meeting (AOGS 2006) in Singapore, 10 to 14 July 2006 (PDF22KB) 
  • K. Irikura and H. Miyake:Lecture Note on Strong Motion Seismology:8th Workshop on Three-Dimensional Modelling of Seismic Waves Gerenaration, Propagation and their Inversion(25Sep.-7Oct. 2006)in Trieste Italy.(PDF3070KB)
  • 入倉孝次郎:強震動予測の現状と今後の展望:原子力講演会、大阪大学中ノ島センター大ホール、2006年10月13日    
  • 入倉孝次郎:「強震動予測」を防災に活かす、日本地震学会秋季大会特別セッション、2006年11月1日(PDF140KB)
  • 入倉孝次郎、釜江克宏、川辺秀憲、佐藤俊明、壇一男、中川佳久、斉藤賢二、土肥博:巨大地震時における長周期構造物の被害予測と被害軽減化対策、日本地震学会秋季、2006年11月1日 PDF252KB PTT(5934KB)  
  • 入倉孝次郎:「名古屋における長周期地震動の問題」、愛知工業大学地域防災研究センター公開講座、本山キャンパス、2006年11月20日
  • 入倉孝次郎:強震動地震学の発展の歴史とレシピへの展開:日本建築学会 第34回地盤震動シンポジウム、建築会館ホール、2006年11月30日 (PDF994KB) (PPT5.6MB)
2006 研究成果
  • Zhang, W., T. Iwata, and K. Irikura:Dynamic simulation of a dipping fault using a three-dimensional finite difference method using nonuniform grid spacing, J. Geophys. Res., 111, B05301, doi:10.1029/2005JB003725, 2006. [Link]
  • 入倉孝次郎:総論:巨大地震による長周期地震動ー予測と今後の対応策ー、月刊地球号外、55,5-16,2006.
  • 鶴来雅人,香川敬生 ,岡崎敦,羽田浩二,入倉孝次郎:強震動予測のための高域遮断フィルターに関する研究-1995 年兵庫県南部地震の観測記録に基づく検討-, 日本地震工学会論文集 第6 巻、第4 号、94-112,2006.
  • 平井俊之、釜江克宏、長沼敏彦、伊藤進一郎、西岡勉、入倉孝次郎:分岐断層の特性化震源モデルを用いた兵庫県南部地震の強震動シミュレーション, 日本地震工学会論文集 第6 巻、第3 号、1-11, 2006.
  • Olga V. Pavlenko and Kojiro Irikura:Nonlinear Behavior of Soils Revealed from the Records of the 2000 Tottori, Japan, Earthquake at Stations of the Digital Strong-Motion Network Kik-Net, Bulletin of the Seismological Society of America, Dec 2006; 96: 2131 - 2145[Link]
  • John X. Zhao, Jian Zhang, Akihiro Asano, Yuki Ohno, Taishi Oouchi, Toshimasa Takahashi, Hiroshi Ogawa, Kojiro Irikura, Hong K. Thio, Paul G. Somerville, Yasuhiro Fukushima, and Yoshimitsu Fukushima:Attenuation Relations of Strong Ground Motion in Japan Using Site Classification Based on Predominant Period, Bulletin of the Seismological Society of America, Jun 2006; 96: 898 - 913.[Link]
  • John X. Zhao, Kojiro Irikura, Jian Zhang, Yoshimitsu Fukushima, Paul G. Somerville, Akihiro Asano, Yuki Ohno, Taishi Oouchi, Toshimasa Takahashi, and Hiroshi Ogawa:An Empirical Site-Classification Method for Strong-Motion Stations in Japan Using H/V Response Spectral Ratio, Bulletin of the Seismological Society of America, Jun 2006; 96: 914 - 925.[Link]
2005 発表、講演リスト
 
  • 入倉孝次郎:広帯域強震動予測の現状と展望「海溝型巨大地震を考える-広帯域強震動の予測-」土木学会・日本建築学会 巨大地震災害対応共同研究連絡会 地震動部会シンポジウム 土木学会講堂 2005年2月19日
  • 入倉孝次郎:巨大地震によって生じる強い長周期地震動について 建築物防災講演会 (財)大阪建築防災センター 建設交流館 2005年3月4日
  • 入倉孝次郎: 吉田市政懇談会 第四錦林小学校 2005年3月5日
  • 入倉孝次郎: 愛知工業大学 地域防災研究センター開所式 基調講演「巨大地震を正しく恐れるースマトラ沖地震と東海・東南海・南海地震の共通点と相違点ー」2005年6月10日(PDF1.4M)
  • 入倉孝次郎:地震による揺れの危険度マップー地震動予測地図の意義とその活用法についてー (財)消防科学総合センター 防災安全中央研修会 ニッショーホール(消防会館) 2005年7月14日
  • Kojiro Irikura, "Strong Motion Prediction Programs in Japan" APRU/AEARU Research Symposium 2005 Earthquake Hazards around the Pacific Rim-Prediction and Disaster Prevention-, Kyouto University Clock Tower International Conference Hall, Kyoto, Japan, August 31-September 2, 2005
  • 入倉孝次郎:「巨大地震による長周期地震動とその対策」緊急地震速報伝達システムの開発と地震災害の軽減に関するシンポジウム  2005年10月14日(PDF0.9M)
  • 入倉孝次郎、三宅弘恵、Luis A. Dalguer, 松島信一、壇一男、佐藤俊明、香川敬生:動力学的震源モデルに基づく強震動予測(2)地表および地中断層地震の震源のモデル化と強震動評価、地震学会2005年秋季大会 北海道大学 2005年10月19日ー21日(PDF)
  • 入倉孝次郎:「レシピによる大地震の揺れの予測」(PDF:0.6M和文) 「Prediction of Strong Ground Motion with "Recipe"」(PDF:0.3M英文)大大特(大都市大震災軽減化特別プロジェクト)I 第2回国際ワークショップ 「Strong Ground Motion Predction and Earthquake Tectonics in Urban Areas」 2005年10月25日ー27日
  • 入倉孝次郎:動力学的断層モデルに基づく強震動予測 平成17年度自然科学分野原子力安全基盤調査研究ワークショップ「原子力安全基盤の充実に向けて-活断層・地震・津波の研究-」 独立行政法人原子力安全基盤機構 富国生命ビル 2005年11月1日
  • 入倉孝次郎:「地震動予測地図」 第1回地域防災研究センター連続講座 愛知工業大学 2005年11月7日
  • Kojiro Irikura, H. Miyake, L..A. Dalguer, S. Matushima, K. Dan, T. Sato, T. Kagawa, P.M. Mai, P.G. Somerville, A. Pitarka, S.G. Song and G.C. Beroza, Characterized Source Modeling of Surface and Subsurface Faulting for Strong Motion Prediction」(PDF:72kb) AGU 2005 Fall Meeting, San Francisco, CA, USA, December 5-9, 2005
  •  
2005 研究成果
  • Asano, K., T. Iwata, and K. Irikura:Estimation of source rupture process and strong ground motion simulation of the 2002 Denali, Alaska, earthquake., BSSA, Vol.95, No.5, 1701-1715, 2005.[Link] 
  • Birgoren, G., and K. Irikura:Estimation of Site Response in Time Domain Using Meyer-Yamada Wavelet Analysis, Bull. Seism. Soc. Am., 95, 1447-1456, 2005. (PDF354KB)
  • Pavlenko, O.V. and K. Irikura:Identification of the non-linear behaviour of liquefied and non-liquefied soils during the 1995 Kobe earthquake, Geophys. J. Int., 160, 539-553, 2005. [Link]
  • Shiba, Y. and K. Irikura:Rupture process by waveform inversion using simulated annealing and Rupture process by waveform inversion using simulated annealing and simulation of broadband ground motionssimulation of broadband ground motions, Earth Planets Space, 57, 571-590, 2005. [Link]
  • Zhou S.Y. and K. Irikura:Analysis on the reliability of the earthquake rupture process inferred from near source waveforms, Chinese J. Geophys., 48, 124-131, 2005. (in Chinese)
2004 発表、講演リスト
  • 入倉孝次郎:最近の地震学の概説―あなたの事業所にはどんな強さのどんな地震がいつごろ来襲するか― 高圧ガス保安協会 自主セミナー、兵庫県南部地震を経験して10年がたち  耐震対策の発展をかえりみて タワーホール船堀 東京 2004年12月2日
  • Irikura, K.: Asperity Study, Recent Research Development and Future Direction, CSNI Workshop on "Seismic Input Motions, Incorporation Recent Geological Studies, NIED Tsukuba, Japan, November 2004.
  • Takahashi, T., Asano, A., Okada, H., Saiki, T., Irikura, K., Zhao, J.X., Zhang, J., Hong K. Thio, H.K., Somerville, P.G., Fukushima, Y.: Attenuation relations of strong motion in Japan Using site classification based on predominant period, NIED Tsukuba, Japan, November 2004..
  • 入倉孝次郎: 「滋賀県に被害を及ぼす地震について~琵琶湖西岸断層帯地震や東南海・南海地震による揺れの予測と確率論的地震動予測地図~」、文部科学省・滋賀県共催, 「地震に関するセミナー―地震を正しく恐れる~琵琶湖西岸断層帯と東南海・南海地震―、滋賀県ピアザ淡海、2004年11月4日
  • 入倉孝次郎: 基調講演「巨大地震の震源像、地震動、予想される災害」、(株)奥村組第17回技術セミナー、中央大学駿河台記念館、2004年10月21日
  • 入倉孝次郎・釜江克宏・川辺秀憲: 巨大地震による長周期地震動予測の重要性について、日本地震学会2004年秋季大会, P049, 2004年10月(PDF245KB)
    PDFファイル(2.4M)
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵・佐藤俊明・壇一男・松島信一・香川敬生・L..A. Dalguer・P.G. Somerville・A.Pitarka・G.C. Beroza・S.G. Song・P.M. Mai:動力学的震源モデルに基づく強震動予測, 日本地震学会2004年秋季大会, B41, 2004年10月
  • 入倉孝次郎: 特別講演「迫りくる巨大地震とその揺れの特徴」、(社)日本原子力学会2004年秋の大会、京都大学時計台ホール、2004年9月15日
  • 入倉孝次郎: 巨大地震が引き起こす強震動、JSCA建築構造士 2004年度定期講習会 テーマ「大地震に備える」(海洋型地震を想定して)、(社)日本建築構造技術者協会、科学技術館サイエンスホール(東京) 2004年7月24日、大阪府建築健保会館(大阪) 2004年7月31日、北海道建設会館(北海道) 2004年9月11日
  • Irikura, K, H. Miyake, T. Iwata, K. Kamae, H. Kawabe, and L.A. Dalguer: Recipe for predicting strong ground motions from future large earthquakes, 13th world conference of Earthquake Engineering, Vancouver, Canada, August 5, 2004
  • Irikura, K.: Strong Motion Prediction Projects in Japan, Meeting to Discuss International standardization to Facilitate Earthquake Engineering Research Collaboration, Vancouver, Canada, Aug. 4, 2004.
  • Irikura, K. : Strong Motion Prediction Programs in Japan, International Symposium on Network aned Center-based Research for Smart Structures Technologies and Earthquake Engineering(SE’04), Osaka, Japan, July 7, 2004
  • 入倉孝次郎: 特別講演「地震動予測の現状と課題」、日本応用地質学会関西支部、大阪市立大学文化交流センター、2004年5月20日
  • 入倉孝次郎: Scaling Relationship for Crack and Asperity Models Estimated from Dynamic Rupture Simulation、地球惑星科学関連学会2004年合同大会、幕張メッセ国際会議場、2004年5月10日
  • 入倉孝次郎:南海トラフ地震が起こったら和歌山にはどんな揺れが襲うのか ―揺れの予測の現状とこれからの課題―、和歌山大学生涯学習教育研究センター土曜講座・前期「地震・水害から身を守るために ―わかやまの防災基礎知識―、2004年5月8日
  • 入倉孝次郎:地震動予測地図における強震動評価について、「地震動予測地図ワークショップ ―地震調査研究と地震防災工学・社会科学との連携― (財)地震予知総合研究振興会 地震調査研究センター、コクヨホール(東京都港区)、2004年3月26日
  • 入倉孝次郎:地震の震源像と強震動予測研究 ―到達点とその課題―、京都大学防災研究所 平成14年度「21世紀COEプログラム」災害学理の究明と防災学の構築、キャンパスプラザ京都 第3講義室、2004年3月18日
  • 入倉孝次郎:やや長周期地震動とその影響、講習会「やや長周期地震動問題を考える」、日本伸銅技術協会(JAVIT)、フロラシオン青山 芙蓉(東)の間(東京都港区)、2004年3月11日
  • 入倉孝次郎:南海地震に備えるための強震動の予測、第46回電力土木講習会、(社)電力土木技術協会主催、三会堂ビル9階 石垣記念ホール(東京都港区)、2004年3月3日
  • 入倉孝次郎:強震動予測における震源の取り扱い、日本地震学会強震動委員会2月強震動講習会、大阪市立大学文化交流センター 大セミナー室、2004年2月24日
2004 研究成果
  • 浅野公之・岩田知孝・入倉孝次郎:2003年5月26日に宮城県沖で発生したスラブ内地震の震源モデルと強震動シミュレーション、地震第2号、第57巻、171-185、2004
  • 入倉孝次郎:強震動予測レシピ―大地震による強震動の予測手法―、京都大学防災研究所年報第47号 A 2004
    PDFファイル(1.1M)
  • Zhou, S., K. Irikura, and X. Chen: Analysis of the reliability and resolution of the earthquake source history inferred from waveforms, taking the Chi-Chi earthquake as an example, Geophys. J. Int. 157, 3, 1217, 2004.[Link]
  • Sato, T., K. Irikura, M. Nakashima, H. Tanaka, K. Matsunami, S. Sawada, K. Suita, T. Iwata, and R. Honda: Advanced Techniques for Evaluating Vulnerability of Urban Infrastructure by Intergrating Multiple Evaluation Indexes, 京都大学防災研究所年報 47C, 9-23, 2004.
  • Kagawa, T., K. Irikura, and P. G. Somerville: Ground motion and fault rupture process of the surface and buried rupture earthquakes, Earth Planets Space, 56, 3-14, 2004.[Link]
  • Birgoren, G., H. Sekiguchi, and K. Irikura: Rupture model of the 1999 Duzce, Turkey earthquake, deduced from high and low frequency strong motion data, Geophys. Res. Lett. 31, L05610, doi:10.1029/2003Gl019194, 2004.[Link]
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵:地震動予測地図における強震動評価, 地震動予測地図ワークショップ―地震調査研究と地震防災工学・社会科学との連携―予稿集, 47-72, 2004/04/12.
  • Kagawa, T., B. Zhao, K. Miyakoshi, and K. Irikura:Modeling of 3D Basin Structures for Seismic Wave Simulations Based on Available Information on the Target Area: Case Study of the Osaka Basin, Japan, Bull. Seism. Soc. Am., 94, 1353-1368, 2004. [Link]
  • Zhang, W., T.Iwata, K. Irikura, A. Pitarka, and H. Sekiguchi:Dynamic rupture process pf the 1999 Chi-Chi, Taiwan, earthquake, Geophys. Res. Lett., 31, L10605, doi:10.1029/2004GL019827, 2004.[Link]
  • Takao KAGAWA, Hirokazu IEMURA, Kojiro IRIKURA, and Kenzo TOKI:STRONG GROUND MOTION OBSERVATION BY THE COMMITTEE OF EARTHQUAKE OBSERVATION AND RESEARCH IN THE KANSAI AREA (CEORKA), Journal of Japan Association for Earthquake Engineering, Vol.4, No.3(Special Issue), 2004
2003 発表、講演リスト
  • パネルディスカッション「地震防災に関連する国際協力活動と今後の方向」、パネラー 入倉孝次郎・田村和子・石山祐二・北嶋秀明・隅田栄亮、国際地震工学研修40周年記念講演会、星陵会館(東京都)、平成15年11月28日
  • Kojiro Irikura: Recipe of Strong Motion Prediction for Inland Crustal-Earthquakes and Subduction-Zone Earthquakes, Taiwan-Japan Workshop on Seismic Disaster Simulation and Loss Estimation, Taiwan, Nov. 24, 2003
  • 入倉孝次郎:迫りくる巨大地震による被害を最小にするための研究―次の東南海・南海地震の揺れの予測―、防災研究所公開講座、建設交流館グリーンホール(大阪)、平成15年11月21日
  • Gulum Birgoren, Kojiro Irikura: Estimation of Site Response in Time Domain using the Meyer-Yamada Wavelet Analysis: Case of the Duzca Basin,日本地震工学会大会―2003、s04-06、慶應義塾大学理工学部矢上キャンパス、平成15年11月11日
  • Asano, K., T. Iwata, and K. Irikura: Ground Motion Characteristics and Source Process of the 2002 Denali Earthquake Inferred from the Strong Motion Records, AGU 2003 Fall Meeting, S12A-0367, Dec. 2003
  • Birgoren, G., and K. Irikura: Estimation of Site Response in Time Domain Using Meyer-Yamada Wavelet Analysis, AGU 2003 Fall Meeting, S51E-0094, Dec. 2003
  • Burjanek, J., K. Irikura, and J. Zahradnik: Strong Ground Motion Prediction By Composite Source Model, AGU 2003 Fall Meeting, S52A-0126, Dec. 2003
  • Gallovic, F., J. Brokesova, and K. Irikura: Seismic Hazard Assessment for Large Aftershocks, AGU 2003 Fall Meeting, S41C-0088, Dec. 2003
  • Irikura, K., H. Miyake, T. Iwata, K. Kamae, H. Kawabe, and L A Dalguer: Recipe of Strong Ground Motion Prediction for Senario Earthquakes, AGU 2003 Fall Meeting, S42F-03, Dec. 2003
  • Zhang, W., T. Iwata, K. Irikura, A. Pitarka, and H. Sekiguchi: Dynamic Rupture Process of the 1999 Chi-Chi Earthquake, AGU 2003 Fall Meeting, S52A-0116, Dec. 2003
  • 入倉孝次郎:シンポジウム2003「明日をめざす科学技術」講師、文部科学省、KKR HOTEL TOKYO、平成15年10月29日
  • 入倉孝次郎:豊中市 防災まちづくり講座 第1講「東南海・南海地震について」 発生の予測と被害予測について・行政と地域の役割について (講師)、豊中市役所第2庁舎、平成15年10月15日
  • C.-H. Loh & K. Irikura: Closing Session; Hazard, Ground Motion and Instrumentation, 2003 Pan-Pacific Symposium for Earthquake Engineering Collaboration, Oct. 2nd, 2003
  • 浅野公之・岩田知孝・入倉孝次郎: 経験的グリーン関数法による2003年5月26日宮城県沖地震(MJ7.0)の強震動シミュレーションと震源モデルの推定, 日本地震学会2003年秋季大会, A079, 2003年10月
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵・岩田知孝・釜江克宏・川辺秀憲・L. A. Dalguer: シナリオ地震の強震動予測のためのレシピ, 日本地震学会2003年秋季大会, A031, 2003年10月
  • Birgoren, G., and K. Irikura: Estimation of Site Response in Time Domain using the Meyer-Yamada Wavelet Analysis, 2003 SSJ Fall Meeting, B057, Oct. 2003.
  • Dalguer, L. A., and K. Irikura: Consequences of Fixed Rupture Velocity on Shear Dynamic Rupture Simulations, 2003 SSJ Fall Meeting, B008, Oct. 2003
  • Moya, A., and K. Irikura: Velocity Structure Determination: A Neural Network Approach, 2003 SSJ Fall Meeting, P112, Oct. 2003
  • Oprsal, I., L. A. Dalguer, and K. Irikura: Dynamic Rupture Simulation using Staggered-grid Velocity-stress and Standard Displacement FDM Formulations, 2003 SSJ Fall Meeting, B009, Oct. 2003
  • Zhang, W., T. Iwata, and K. Irikura: Estimation of Dynamic Source Parameters for a Non-vertical Fault using a 3D-FDM with Variable Grid Spacing, 2003 SSJ Fall Meeting, P107, Oct. 2003
  • K. Irikura: Report on “Defining the Hazard”, 2003 Pan-Pacific Symposium for Earthquake Engineering Collaboration, Sept. 30th , 2003
  • 入倉孝次郎・伊藤和明・河田恵昭・五軒家憲次・重川希志依・土岐憲三・古田光弘・安田進:平成15年度土木学会全国大会 特別討論会 「地震災害と社会基盤整備 ~安全・安心な社会基盤の構築に向け土木学会は何ができるか、何をなすべきか~」 パネリスト、徳島市立文化センター、平成15年9月25日
  • 入倉孝次郎:迫り来る東南海・南海地震に備えるための強震動の予測 最新の知見とその問題点、平成15年度土木学会全国大会 特別討論会 「地震災害と社会基盤整備 ~安全・安心な社会基盤の構築に向け土木学会は何ができるか、何をなすべきか~」、徳島市立文化センター、平成15年9月25日
  • L. A. Dalguer Gudiel and K. Irikura: Generation of Dynamic Tensile Cracks During Shear Rupture, Workshop on Numerical Modeling of Earthquake Source Dynamics, Smolenice Castle, Slovak Republic, September 2nd, 2003
  • K. Irikura, H. Miyake, T. Iwata, L. A. Dalguer Gudiel, K. Kamae, H. Kawabe: Methodology for Predicting Strong Ground Motion Based on Asperity-Source Model, Workshop on Numerical Modeling of Earthquake Source Dynamics, Smolenice Castle, Slovak Republic, Se
  • 入倉孝次郎:強震動の予測手法(講演)、大阪市、平成15年8月29日
  • 入倉孝次郎:巨大地震の強震動シミュレーションとその活用手法の開発「研究成果の概略」、文部科学省 大都市大震災軽減化特別プロジェクトⅢ―3 「巨大地震・津波による太平洋沿岸巨大連担都市圏の総合的対応シミュレーションとその活用手法の開発」 研究成果発表会、神戸ポートピアホテル、平成15年7月31日
  • Irikura, K : The prediction of strong ground motion for the hypothetical Tokau Nankai earthquakes. The Third DPRI-IIASA International Symposium on Integrated Disaster Risk Management, July 3-5
  • Asano, K., T. Iwata, and K. Irikura: CHARACTERIZED SOURCE MODELS FOR SHALLOW INTRASLAB EARTHQUAKES IN JAPAN, IUGG 2003, SS04b/10P/D-034, Jul. 2003
  • Birgoren, G., A. Moya, and K. Irikura: STRONG MOTION SIMULATION FOR THE 1999 DUZCE EARTHQUAKE WITH STOCHASTIC GREEN'S FUNCTION METHOD: AMPLITUDE AND PHASE CHARACTERISTICS OF THE DUZCE BASIN, IUGG 2003, SS04a/09P/D-017, Jul. 2003
  • Dalguer, L. A., and K. Irikura: SOME CHARACTERISTICS OF THE RUPTURE PROCESS OF THE 1999 KOCAELY (TURKEY) EARTHQUAKE IMPLIED FROM DYNAMIC MODELING, IUGG 2003, SS02/04A/D-001, Jul. 2003
  • Irikura, K., H. Miyake, T. Iwata, K. Kamae, and H. Kawabe: STRONG GROUND MOTIONS IN OSAKA METROPOLITAN AREA FROM THE NEXT NANKAI-TROUGH EARTHQUAKES, IUGG 2003, SW04/09P/A13-015, Jul. 2003
  • Irikura, K., H. Miyake, and L. A. Dalguer: CHARACTERIZATION OF SOURCE PARAMETERS OF DYNAMIC FAULTING FOR STRONG GROUND MOTION PREDICTION, IUGG 2003, SS04a/09P/D-032, Jul. 2003
  • Zhang, W., T. Iwata, K. Irikura, A. Pitarka, and H. Sekiguchi: MODELING DYNAMIC RUPTURE PROCESS OF THE 1999 CHICHI EARTHQUAKE AND THE NEAR SOURCE STRONG GROUND MOTION SIMULATION, IUGG 2003, JSS02/02A/D-007, Jul. 2003
  • 入倉孝次郎:地震災害軽減のための強震動予測 ~強震動予測レシピの考え方~、21世紀COE拠点形成プロジェクト フォーラム in 東京 第10回防災講座、東京国際フォーラム ガラスホール棟G610会議室、2003年5月20日
  • 浅野公之・岩田知孝・入倉孝次郎:2002年11月3日アラスカDenali地震の震源断層近傍での強震観測記録の特徴とその成因, 地球惑星科学関連学会2003年合同大会, S046-P003, 2003年5月
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵・岩田知孝・釜江克宏・川辺秀憲: 海溝型地震の強震動予測のためのレシピ -現状と課題-, 地球惑星科学関連学会2003年合同大会, S069-012, 2003年5月
  • Birgoren, G., A. Moya, and K. Irikura:Strong Motion Simulation for the 1999 DUZCE Earthquake with Stochastic Green's Function Method: Amplitude and Phase Characteristics of the Duzce Basin, Japan Earth and Planetary Science Joint Meeting, S046-P006, May 2
  • Dalguer L. A., and Irikura K.: Analysis of the Rupture Process of the 1999 Kocaeli (Turkey) Earthquake Using Dynamic Modeling, Japan Earth and Planetary Science Joint Meeting, S052-P001, May 2003
  • Moya, A., and K. Irikura: A Waveform Inversion Approach to Determine Velocity Structure, Japan Earth and Planetary Science Joint Meeting, S046-P005, May 2003
  • Zhang, W., T. Iwata, K. Irikura, A. Pitarka, and H. Sekiguchi: Modeling Dynamic Rupture Process of the Chi-Chi Earthquake and Strong Ground Motion Simulation Japan Earth and Planetary Science Joint Meeting, S046-P004, May 2003
  • 入倉孝次郎:地震動予測地図における強震動評価についてー内陸地震と海溝型地震に対する強震動予測レシピとその問題点―、地震動予測地図ワークショップ―地震調査研究と地震防災工学・社会科学との連携―予稿集、35-52、コクヨホール、2003年3月26日
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵・岩田知孝・釜江克宏・川辺秀憲:海溝型地震の強震動予測レシピ、平成14年度京都大学防災研究所研究発表講演会、AV40、京都リサーチパーク、平成15年2月21日
  • 入倉孝次郎:強震動予測における震源の取り扱いについて、「強震動予測―その基礎と応用」第2回講習会、(社)日本地震学会 強震動委員会主催、東京大学山上会館、2003年2月8日
  • 岩田知孝・関口春子・三宅弘恵・Zhang Wenbo・宮腰研: 特性化震源モデルにおける動力学的震源パラメター, 京都大学防災研究所研究発表講演会, AV36, 2003年2月
  • Birgoren, G., H. Sekiguchi, and K. Irikura: Broadband strong ground motion simulation of the 12 November 1999 and 17 August 1999, Turkey earthquakes, Annual Conf. of DPRI, P04, Feb. 2003
  • Dalguer, L. A., and K. Irikura: Implications of fixed rupture velocity on dynamic rupture simulation of earthquake faults, Annual Conf. of DPRI, P02, Feb. 2003
  • Moya, A. and K. Irikura: A three-step inversion approach to solve for site effects and Q, Annual Conf. of DPRI, P03, Feb. 2003
  • 入倉孝次郎:栃木県に被害を及ぼす地震活動の特徴や地震発生のメカニズム等について(講演)、栃木県防災安全研修会、栃木県総合文化センター・サブホール、平成15年1月17日
  • 入倉孝次郎:想定南海地震による近畿圏の強振動、北淡活断層シンポジウム2003「21世紀の海溝型巨大地震を探る」、兵庫県津名郡北淡町・震災記念公園セミナーハウス、 2003年1月16日
  • 入倉孝次郎:東南海・南海地震による揺れの予測、地震フォーラム’02―来るべき東南海・南海地震に備えて―、47-54、建設交流館 グリーンホール、平成15年1月15日
2003 研究成果
  • Pavlenko, O.V. and K. Irikura: Estimation of nonlinear time-dependent soil behavior in strong ground motion based on vertical array data, Pure and Applied Geophysics, 160, 2365-2379, 2003.[Link]
  • Miyake, H., T. Iwata, and K. Irikura:Source characterization for broadband ground-motion simulation, Kinematic heterogeneous source model and strong motion generation area,Bull. Seism. Soc. Am., 93, 2531-2545. 2003.[Link]
  • 入倉孝次郎:東南海・南海地震による揺れの予測, 地震フォーラム’02 ―来るべき東南海・南海地震に備えて―, 47-54, 2003.
  • 入倉孝次郎:地震動予測地図における強震動評価についてー内陸地震と海溝型地震に対する強震動予測レシピとその問題点―, 地震動予測地図ワークショップ―地震調査研究と地震防災工学・社会科学との連携―予稿集, 35-52, 2003.
  • Aguirre, J. and Kojiro Irikura: Reliability of envelope inversion for the high-frequency radiation source process using strong motion data: Example of the 1995 Hyogoken Nanbu earthquake, Bull. Seism. Soc. Am., 93, 2005-2016, 2003.[Link]
  • Dalguer, L.A; K. Irikura, and J. Riera,: Generation of New Cracks Accompanied by the Dynamic Shear Rupture Propagation of the 2000 Tottori (Japan) Earthquake, Bull. Seism. Soc. Am., 93, 2236-2252, 2003.[Link]
  • Petukhin, A., K. Irikura, S. Ohmi, and T. Kagawa:Estimation of Q-Values in the seismogenic and aseismic layers in the Kinki region, Japan, by elimination of the geometrical spreading effect using ray approximation, Bull. Seism. Soc. Am., 93, 1498-1515, 2003.[Link]
  • Moya, A. and K. Irikura:Estimation of Site Effects and Q factor using a reference event, Bull. Seism. Soc. Am., 93, 1730-1745, 2003.[Link]
  • Matsunami, K., W. Zhang, K. Irikura, and L.-L. Xie: Estimation of seismic site response in the Tangshan area, China, using deep underground records, Bull. Seism. Soc. Am., 93, 1065-1078, 2003.[Link]
  • Asano, K., T. Iwata, and K. Irikura: Source characteristics of shallow intraslab earthquakes derived from strong-motion simulations, Earth Planets Space, 55, e5-e8, 2003.[Link]
  • 入倉孝次郎:地震災害軽減研究のための新たな取り組み, 学術月報, 特集:防災の科学, 56, 22-28, 2003.
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵・岩田知孝・釜江克宏・川辺秀憲・Luis Angel Dalguer:内陸地震と海溝型地震に対する強震動予測レシピとその問題点,地震災害軽減のための強震動予測マスターモデルに関する研究第2回シンポジウム論文集,71-78, 2003.
  • 入倉孝次郎,三宅弘恵,岩田知孝,釜江克宏,川辺秀憲,Luis Angel Dalguer:将来の大地震による強震動を予測するためのレシピ, 京都大学防災研究所年報, 46 B, 105-120, 2003.
  • Zhang, W., T. Iwata, K. Irikura, H. Sekiguchi, and M. Bouchon: Heterogeneous distribution of the dynamic source parameters of the 1999 Chi-Chi, Taiwan, earthquake”, J. Geophys. Res., 108, doi: 10.1029/2002JB001889, 2003.[Link]
  • Dalguer, L. A., K. Irikura and J. Riera: Simulation of tensile crack generation by 3-D dynamic shear rupture propagation during an earthquake, J. Geophys. Res., 108(B3), 2144, doi: 10.1029/2001JB001738 , 2003.[Link]
  • 入倉孝次郎:地震動予測地図における強震動評価について―内陸地震と海溝型地震に対する強震動予測レシピとその問題点―, 地震動予測地図ワークショップー地震調査研究と地震防災工学・社会科学との連携―予稿集, 35-52, 2003.
  • 入倉孝次郎: 地震災害論, 防災学講座, 2, 京都大学防災研究所編(共著), 山海堂, 2003.
2002 発表、講演リスト
  • Asano, K., T. Iwata, and K. Irikura: Source Characteristics of Shallow Intraslab Earthquakes from Strong Motion Data, 2002 AGU Fall meeting, S72B-1149, Dec., 2002
  • Birgoren G., H. Sekiguchi, and K Irikura: Broadband Strong Ground Motion Simulation of the 17 August and 12 November 1999 Turkey Earthquake, 2002 AGU Fall meeting, S12B-1215, Dec. 2002
  • Dalguer, L.A. and K. Irikura: Simulation of Tensile Cracks Generation during an Earthquake: Application to the 2000 Tottori (Japan) Earthquake, 2002 AGU Fall meeting, S52B-1087, Dec. 2002
  • Irikura, K., L. A. Dalguer, and A. Pitarka: Ground Motion Simulation Based on 3D Shear Dynamic Rupture Model Using Finite-Difference Method with Variable Grid Spacing, 2002 AGU Fall meeting, S52B-1082, Dec. 2002
  • Moya, A. and K. Irikura: Estimation of site effects and Q factor using a reference event, 2002 AGU Fall meeting, S12B-1202, Dec. 2002
  • 釜江克宏・入倉孝次郎:トルコ・コジャエリ、台湾・集集地震の震源の特性化と強震動シミュレーション、第11回日本地震工学シンポジウム、国立オリンピック記念青少年総合センター、2002年11月22日
  • 壇一男、佐藤俊明、入倉孝次郎:アスペリティモデルに基づく強震動予測のための震源モデルの特性化手法、第11回日本地震工学シンポジウム、国立オリンピック記念青少年総合センター、2002年11月22日
  • 入倉孝次郎、三宅弘恵、岩田知孝、釜江克宏、川辺秀憲:強震動予測のための修正レシピとその検証、第11回日本地震工学シンポジウム、国立オリンピック記念青少年総合センター、2002年11月22日
  • 池田隆明、釜江克宏、三輪滋、入倉孝次郎:ハイブリッド法による2000年鳥取県西部地震の強震動シミュレーション、第11回日本地震工学シンポジウム、国立オリンピック記念青少年総合センター、2002年11月22日
  • 入倉孝次郎:地震の話「南海トラフに起こる地震(南海地震)および活断層に起こる地震(黄檗断層地震)」、宇治市東木幡連合町内会主催防災訓練、宇治市、平成14年11月17日
  • 鶴来雅人・香川敬生・入倉孝次郎:2000年鳥取県西部地震本震のf max、日本地震学会
    2002年度秋季大会、パシフィコ横浜会議センター、2002年11月11日
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵:強震動予測のための修正レシピの適用条件―Mw7以上の内陸大地震―、日本地震学会2002年度秋季大会、パシフィコ横浜会議センター、2002年11月11日
  • 釜江克宏・川辺秀憲・入倉孝次郎:1978年宮城県沖地震の震源モデル、日本地震学会2002年度秋季大会、パシフィコ横浜会議センター、2002年11月11日
  • 池田隆明・釜江克宏・三輪滋・入倉孝次郎:特性化震源モデルにおける震源パラメータのばらつきが合成波形に及ぼす影響、日本地震学会2002年度秋季大会、パシフィコ横浜会議センター、2002年11月11日
  • 川辺秀憲・釜江克宏・入倉孝次郎:特性化震源モデルを用いた南海地震時の強震動予測、日本地震学会2002年度秋季大会、パシフィコ横浜会議センター、2002年11月11日
  • 石井透・藤原広行・早川譲・河合伸一・青井真・佐藤俊明・渡辺基史・佐藤智美・松島信一・早川崇・篠原秀明・先名重樹・入倉孝次郎:活断層と海溝型のシナリオ地震による地震動予測地図作成手法の検討、日本地震学会2002年度秋季大会、パシフィコ横浜会議センター、2002年11月11日
  • 早川譲・藤原広行・岩本鋼司・鈴木晴彦・野崎京三・滝沢文教・篠原秀明・早川崇・佐藤智美・入倉孝次郎:想定宮城県沖地震の地震動予測のための深部地盤構造、日本地震学会2002年度秋季大会、パシフィコ横浜会議センター、2002年11月11日
  • 早川譲・藤原広行・青井真・岩本鋼史・鈴木晴彦・野崎京三・石沢一吉・篠原秀明・早川崇・松島信一・佐藤俊明・入倉孝次郎:想定糸魚川―静岡構造線活断層地震の地震動予測のための深部地盤構造、日本地震学会2002年度秋季大会、パシフィコ横浜会議センター、2002/11/11
  • Petukhin Anatoly, Irikura Kojiro, Kagawa Takao, Ohmi Shiro: Estimation of Q-value in Kinki Region Using Ray Theory Elastic Attenuation in 3D Velocity Model, 日本地震学会2002年度秋季大会、パシフィコ横浜会議センター、2002年11月11日
  • Wenbo Zhang, Tomotaka Iwata, Kojiro Irikura, Haruko Sekiguchi: The Dynamic Rupture Process of the 1999 Chi-Chi Earthquake and the Simulation on the Near-field Strong Ground Motion, 日本地震学会2002年度秋季大会、2002年11月11日
  • Kojiro Irikura:"Recipe for Predicting Strong Ground Motion from Inland and Subduction-Zone Earthquakes", United States-Japan Conference on Development and Utilization of Natural Resources, The Fourth Joint Meeting of Panel on Earthquake Research, November
  • 三宅弘恵・岩田知孝・関口春子・入倉孝次郎: 広帯域強震動のためのすべり速度時間関数 (3), 日本地震学会2002年度秋季大会、パシフィコ横浜会議センター、B53、2002年11月
  • Dalguer L. A. , K. Irikura, A. Pitarka, and W. Zhang: 3D Shear Dynamic Rupture Model and Ground Motion Simulation Using Finite-Difference Method with Variable Grid Spacing, 2002 SSJ fall meeting, P023, Nov. 2002
  • Moya, A. and K. Irikura: Estimation of site effects and Q factor using a reference event, 2002 SSJ Fall meeting, P022, Nov. 2002
  • Shiyong Zhou and Kojiro Irikura: Analysis on the reliability and resolution of the earthquake source history inferred from waveforms, 2002 SSJ Fall Meeting, P020, Nov. 2002
  • Zhang, W., T. Iwata, K. Irikura, and H. Sekiguchi: The Dynamic Rupture Process of the 1999 Chi-Chi Earthquake and the Simulation on the Near-field Strong Ground Motion, 2002 SSJ Fall metting, P021, Nov. 2002
  • 入倉孝次郎:南海地震と東南海地震の強震動、土木学会平成14年度全国大会研究討論会 東海、東南海、南海地震 必ずくる巨大地震に我々はどう対処するか、北海道大学、平成14年9月25日
  • 入倉孝次郎:活断層を震源とする強震動の予測手法―“強震動予測のレシピ”の考えを提案―、経営開発センターのセミナー、中央区立産業会館、平成14年8月7日
  • 入倉孝次郎:地震動予測地図の作成と実用化、確率論的地震動予測地図の試作版(地域限定)説明会、飯田橋レインボービル7階大会議室、平成14年7月30日
  • 奈川泰久・岩田知孝・入倉孝次郎: 2000年鳥取県西部地震において大分平野で観測された長周期(5-10s)地震波のシミュレ-ション, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, S081-P007, 2002年5月
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵:強震動予測のための修正レシピ-南海トラフ地震の強震動評価を例として-, 地球惑星科学関連学会2002年合同大会, S042-010, 2002年5月
  • Dalguer L. A and Irikura K: Generation of Tensile Cracks during a 3D Dynamic Shear Rupture Propagation, Japan Earth and Planetary Science Joint Meeting, S042-P017, May, 2002
  • Birgoren, G.,H. Sekiguchi, and K.Irikura:Rupture Process of the 1999 Duzce, Turkey Earthquake Estimated From Strong Motion Data, Japan Earth and Planetary Science Joint Meeting, S042-P011, May 2002
  • Dalguer L. A and Irikura K.: Generation of Tensile Cracks during a 3D Dynamic Shear Rupture Propagation, Japan Earth and Planetary Science Joint Meeting, S042-P017, May 2002
  • Moya, A. and K. Irikura: Estimation of Site Effects and Q factor using two reference sites. Japan Earth and Planetary Science Joint Meeting, S042-P015, May 2002
  • Zhang, W., Iwata, T., and Irikura, K.: Reconstruction on the dynamic rupture process of the 1999 Chi-Chi, Taiwan Earthquake, Japan Earth and Planetary Science Joint Meeting, S040-P009, May 2002
  • 入倉孝次郎:地震動予測地図の現状、地震動予測地図ワークショップ-地震調査研究と地震防災工学・社会科学との連携-、地震調査委員会、コクヨホール、平成14年3月29日
  • 入倉孝次郎:パネルディスカッション「活用される地震動予測地図作成のために」のパネリスト、地震動予測地図ワークショップ-地震調査研究と地震防災工学・社会科学との連携-、地震調査委員会、コクヨホール、平成14年3月29日
  • 入倉孝次郎・岩田知孝・三宅弘恵: 東南海・南海地震の強震動予測の考え方, 京都大学防災研究所研究発表講演会, AV35, 2002年2月22日
  • 岩田知孝・三宅弘恵・渋谷拓郎・入倉孝次郎: 強震動予測レシピに基づく内陸活断層におけるシナリオ地震の強震動予測, 京都大学防災研究所研究発表講演会, AV34, 2002年2月22日
  • 入倉孝次郎:想定される地震動、第17回震災予防協会講演会「東海地震を考える」、横浜国際平和会議所(パシフィコ横浜)、2002年2月15日
  • 入倉孝次郎:南海トラフの地震及び生駒断層などの内陸型地震の長期予測と強震動評価について、大阪府防災講演会、プリムローズ大阪、2002年2月12日
  • Birgoren, G., H. Miyake, and K.Irikura: Source Model Of 1999 November 12 Duzce(Turkey) Earthquake Using Empirical Green's Function Method, DPRI Annual Meeting, P48, Feb., 2002
  • Zhang, W. B., Iwata, T., and Irikura, K.: The dynamic source parameters of the 1999 ChiChi, Taiwan, earthquake, DPRI annual meeting, P49, Feb., 2002
  • Birgoren, G., H. Miyake, and K.Irikura: Source Model Of 1999 November 12 Duzce(Turkey) Earthuqake Using Empirical Green's Function Method, Annual Conf. of DPRI, P48, Feb. 2002
  • Dalguer, L. and K. Irikura: Genaration of Cracks During the Dynamic Shear Rupture Propagation of the 2000 Tottori Earthquake, Annual Conf. of DPRI, P46, Feb. 2002
  • Moya, A. and K. Irikura: Estimation of Site Effects and Q Factor Using Two Reference Sites, Annual Conf. of DPRI, P47, Feb. 2002
  • Zhang, W., Iwata, T., and Irikura, K.: The dynamic source parameters of the 1999 ChiChi, Taiwan, earthquake, Annual Conf. of DPRI, P49, Feb. 2002
  • 入倉孝次郎:関西の地震事情について、地震防災フォーラム‘01―関西の最近の地震事情について―、建設交流館グリーンホール、平成14年1月28日
  • 入倉孝次郎:「兵庫県南部地震以降の地震防災」―何が変わったか、これから何が必要なのか―(講演)、日本地震工学会主催、京都大学土木総合館155号室、2002年1月25日
2002 研究成果
  • 入倉孝次郎: 南海地震と東南海地震の強震動(下), サイスモ, 6(3), 11-12, 2002.
  • 入倉孝次郎: 南海地震と東南海地震の強震動(上), サイスモ, 6(2), 5-7, 2002.
  • 入倉孝次郎:キラーパルス波が引き起こした「震災の帯」, AERA Mook「地震がわかる」, 朝日新聞社, 114-118, 2002.
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵:想定される地震動, シナリオ地震の強震動予測, 兵庫県南部地震以降の地震防災―何が変わったか, これから何が必要なのか―講演会資料(日本地震工学会), 9-37, 2002.
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵・岩田知孝・釜江克宏・川辺秀憲:周期帯域に応じた強震動予測手法の高精度化, 地震災害軽減のための強震動予測マスターモデルに関する研究 平成13年度研究成果報告書, 205-215, 2002.
  • 鶴来雅人・香川敬生・三明雅幸・羽田浩二・入倉孝次郎:基盤入射波スペクトルに見られる高周波数限界に関する検討―2000年鳥取県西部地震の本震及び余震―, 第11回日本地震工学シンポジウム, 109-112, 2002.
  • 入倉孝次郎,・三宅弘恵・岩田知孝・釜江克宏・川辺秀憲:強震動予測のための修正レシピとその検証, 第11回日本地震工学シンポジウム, 109, 567-570, 2002.
  • 壇 一男・佐藤俊明・入倉孝次郎:アスペリティモデルに基づく強震動予測のための震源モデルの特性化手法,第11回日本地震工学シンポジウム,107,555-560, 2002.
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵・岩田知孝・釜江克宏:周期帯域に応じた強震動評価法の高精度化,地震災害軽減のための強震動予測マスターモデルに関する研究第1回シンポジウム論文集,89-96, 2002.
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵:予測のための震源のモデル化,月刊地球号外37,「最近の強震動予測研究-どこまで予測可能となったか?」,62-77,2002.  PDFファイル(4.8MB)
  • 入倉孝次郎:強震動研究の到達点および今後の展望,月刊地球号外37,「最近の強震動予測研究-どこまで予測可能となったか?」, 213-223,2002. PDFファイル(0.2MB)
  • Dalguer, L. A., Irikura, K., W. Zhang and J. Riera:Distribution of dynamic and static stress changes during 2000 Tottori (Japan) Earthquake; Foreshocks, mainshock and aftershock, Geophysi. Res. Lett., 29, 10.1029/2001GL014333, 2002.
  • 池田隆明・釜江克宏・三輪 滋・入倉孝次郎:ハイブリッド法による2000年鳥取県西部地震の強震動シミュレーション,第11回日本地震工学シンポジウム論文集, 579-582, 2002.
  • 釜江克宏・入倉孝次郎:トルコ・コジャエリ, 台湾・集集地震の震源の特性化と強震動シミュレーション,第11回日本地震工学シンポジウム論文集,545-550, 2002.
  • 池田隆明・釜江克宏・三輪 滋・入倉孝次郎:経験的グリーン関数法を用いた2000年鳥取県西部地震の震源のモデル化と強震動シミュレーション,日本建築学会構造系論文集,561, 37-45,2002.
  • 岩田知孝・川瀬 博・関口春子・入倉孝次郎・松島信一:兵庫県南部地震の同時シミュレーション~第2回表層地質が地震動に及ぼす影響に関する国際シンポジウムから~, 月刊地球, 号外37「最近の強震動予測研究―どこまで予測可能となったのか?」, 170-178, 2002.
  • Irikura, K.: Recipe for estimating strong ground motions from active fault earthquakes, Seismotectonics in Convergent Plate Boundary, Eds. Y. Fujinawa and A. Yoshida, Terra Scientific Publishing Company (TERRAPUB), Tokyo, 45-55, 2002.PDF713KB
  • 小泉尚嗣・佃栄吉・高橋誠・横田裕・岩田知孝・入倉孝次郎・上砂正一・高木清・長谷川昌志:「黄檗断層の地下構造調査,地震第2輯,55, 153-166, 2002.
  • Pavlenko, O. and K. Irikura:Nonlinearity in the response of soils in the 1995 Kobe earthquake in vertical components of records, Soil Dyn. Earthq. Eng., 22, 967-976, 2002.
  • Pavlenko, O. and K. Irikura:Types of elastic nonlinearity of sedimentary soils, Geophys. Res. Lett., 29, 10.1029/2002GL014794, 2002.
  • Pavlenko, O. and K. Irikura: Changes in shear moduli of liquefied and nonliquefied soils during the 1995 Kobe earthquake and its aftershocks at three vertical-array sites, Bull. Seism. Soc. Am., 92, 1952-1969, 2002.(PDF2791KB)
  • Dalguer, L. A., K. Irikura, W. Zhang, and J. D. Riera: Distribution of Dynamic and Static Stress Changes during 2000 Tottori (Japan) Earthquake: Brief Interpretation of the Earthquake Sequences; Foreshocks, Mainshock and Aftershocks, Geophys. Res. Lett., 29(16), doi: 10.1029/2001GL014333, 2002.
  • Sekiguchi, H., K. Irikura and T. Iwata:Source inversion for estimating continuous slip distribution on the fault - Introduction of Green’s functions convolved with a correction function to give moving dislocation effects in subfaults -, Geophys. J. Int., 150, 377-391, 2002.
2001 発表、講演リスト
  • Zhang, W., K. Irikura and T. Iwata: The Characteristics of the Dynamic Source Parameters of the 1999 ChiChi, Taiwan, Earthquake and the 2000 Tottori, Japan Earthquake, AGU Fall meeting, S22B-0645, Dec., 2001
  • Miyake H., T. Iwata, H. Sekiguchi, and K. Irikura: Appropriate slip velocity time function of on-/off- asperity for broadband ground motion simulation, AGU fall meeting, S42C-0677, Dec., 2001
  • Irikura, K., H. Miyake, T. Iwata, K. Kamae, T. Kagawa, and K. Miyakoshi: A recipe of strong motion prediction for scenario earthquakes, AGU Fall Meeting, S31C-01 (Invited), Dec., 2001
  • Kamae, K. and K. Irikura: Applicability of characterized source model to prediction of broad-band strong ground motion for scenario earthquake, 2001 AGU fall meeting, S31C-10, Dec., 2001
  • Birgoren, G.,H. Miyake, and K.Irikura:Source Model Of 1999 November 12 Duzce(Turkey) Earthuqake Using Empirical Green's Function Method, American Geophysical Union, Fall meeting, S52E-0689, Dec. 2001
  • 入倉孝次郎、三宅弘恵:強震動予測における震源の取り扱い、強震動予測―その基礎と応用第1回講習会、学士会館分館6号室、2001年10月16日
  • 三宅弘恵・岩田知孝・関口春子・入倉孝次郎:広帯域強震動のためのすべり速度時間関数(2)、2001年日本地震学会秋季大会、PO86, 2001年10月
  • 池田隆明・釜江克宏・三輪滋・入倉孝次郎:2000年鳥取県西部地震の震源モデルの再検討、2001年日本地震学会秋季大会、A74, 2001年10月
  • Birgoren, G.,H. Miyake, and K. Irikura:Source Model Of 1999 November 12 Duzce(Turkey) Earthuqake Using Empirical Green's Function Method, The Seismological Society of Japan, Fall Meeting, P087, Oct., 2001
  • Dalguer, L. A. and Irikura K: Estimation of the Dynamic Rupture Parameters using the DEM from the Results of Waveform Inversion, Seismological Society of Japan, Fall Meeting, P131, Oct., 2001
  • Moya, A. and K. Irikura: Empirical Estimation of Site Effects and Quality Factor in the Tottori Region: Preliminary Results, Seismological Society of Japan, Fall Meeting, P079, Oct., 2001
  • Zhang, W. B., Iwata, T., Irikura, K., and Bouchon, M. : The characteristics of the dynamic source parameters of the 2000 Tottori-ken Seibu earthquake, Japan The Seismological Soiety of Japan, Fall Meeting, P130, Oct., 2001
  • Irikura, K., T. Iwata, K. Kamae, K. Miyakoshi, and H. Miyake: Lesson from recent earthquakes, 1995 Kobe, 1999 Kocaeli, and 1999 Chi-Chi earthquakes- recipe of predictions strong ground motion, IAGA-IASPEI joint scientific assembly, Hanoi, Vietnam, Aug., 2
  • 入倉孝次郎:日本の活断層と強震動予測について、「21世紀の水道」を考えるフォーラム、(財)日本教育会館(一ツ橋ホール)、平成13年8月1日
  • Dalguer, L.A. and Irikura K.:Dynamics Rupture Propagation and Ground Motion Simulation using a 3D Discrete Element Method, IAGA-IASPEI Joint Scientific Assembly, 1560, Hanoi, Vietnam, Aug. 2001
  • 三宅弘恵・岩田知孝・関口春子・入倉孝次郎:広帯域強震動のためのすべり速度時間関数、2001年地球惑星科学関連合同大会、Sy-001, 2001年6月
  • 入倉孝次郎・岩田知孝・釜江克宏・香川敬生・宮腰研・三宅弘恵: 強震動予測のためのレシピの構築 -最近の大地震の強震動記録による有効性の検証-, 2001年地球惑星科学関連学会合同大会, S5-017, 2001年6月
  • 奈川泰久・岩田知孝・小笠原宏・見野和夫・入倉孝次郎: 2000年鳥取県西部地震における長周期地震波の伝播特性, 2001年地球惑星科学関連学会合同大会, Sw-P001, 2001年6月
  • Dalguer, L. A. and Irikura K.:Dynamics Rupture of Dipping Faults: Effects of Strength Excess and Critical Slip on Ground Motion, Japan Earth and Planetary Science Joint Meeting, Sn-P011, June, 2001
  • Zhang, W. B., Iwata, T., and Irikura, K.: Determination on the dynamic source parameters of an earthquake from kinematic parameters, Japan Earth and Planetary Science Joint Meeting, Sp-P006, June, 2001
  • 入倉孝次郎:特定の活断層を起震断層とした強震動の評価手法、第2回地震調査研究と地震防災工学の連携ワークショップ「地震動予測地図の作成に向けて―現状と今後の課題―」、損保会館大会議室、平成13年3月21日
  • 入倉孝次郎・岩田知孝・三宅弘恵:強震動予測のためのレシピ作成、京都大学防災研究所発表講演会、京都リサーチパーク、平成13年2月23日
  • 三宅弘恵・岩田知孝・入倉孝次郎:強震動生成領域とアスペリティ、京都大学防災研究所発表講演会、京都リサーチパーク、平成13年2月23日
  • DALGUER, Luis Angel & IRIKURA, Kojiro: Simulation of Dip Slip Earthquake Using Dem, 京都大学防災研究所発表講演会、京都リサーチパーク、平成13年2月23日
2001 研究成果
  • 池田隆明・釜江克宏・三輪滋・入倉孝次郎:経験的グリーン関数法を用いた2000年10月6日鳥取県西部地震の震源の特性化と強震動シミュレーション, 第26回地震工学研究発表会講演論文集, 373-376, 2001.
  • 池田隆明・釜江克宏・三輪滋・入倉孝次郎:経験的グリーン関数法を用いた2000年10月6日鳥取県西部地震の震源のモデル化と強震動シミュレーション, 2000年度日本建築学会関東支部研究報告集, 157-160, 2001.
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵:強震動予測における震源の取り扱い, 強震動予測―その基礎と応用 第1回講習会テキスト, (社)日本地震学会強震動委員会, 1-33, 2001.
  • Irikura, K., H. Miyake, T. Iwata, K. Kamae, T. Kagawa, and K. Miyakoshi: Prediction of strong ground motion for specific active-fault earthquakes, Proc. of US-Japan Joint Workshop and third grantees meeting, 43-52, 2001.
  • Irikura, K.: Achievements of strong motion seismology in 20th century and its future directions, Proc. of US-Japan Cooperative Research for Urban Earthquake Disaster Mitigation Workshop on Prediction of Strong Motions in Urban Regions, 53-62, 2001.
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵・岩田知孝・釜江克宏・宮越研・香川敬生:周期帯域に応じた強震動評価法の高精度化, 地震災害軽減のための強震動予測マスターモデルに関する研究 平成12年度研究成果報告書, 209-233, 2001.
  • 入倉孝次郎:特定の活断層を起震断層とした強震動の評価方法, 第2回地震調査研究と地震動予測値図の作成に向けて―現状と今後の課題―, 平成13年3月文部科学省, 別冊1-24, 2001.
  • Irikura, K.: Achievements of strong motion seismology in 20th century and its future directions, Proc. of Symposium in Honor of Takuji Kobori “Earthquake Engineering in the next millennium”, 37-45, 2001. PDFファイル(4.4MB)
  • Dalguer L. A., K. Irikura, J. Riera, and H. C. Chiu: Fault dynamic rupture simulation of the hypocenter area of the thrust fault of the 1999 Chi-Chi (Taiwan) earthquake, Geophys. Res. Lett., 28, 1327-1330, 2001.
  • Dalguer L. A., K. Irikura, J. Riera, and H. C. Chiu: The importance of the dynamic source effects on strong ground motion during the 1999 Chi-Chi, Taiwan, earthquake: Brief interpretation of the damage distribution on buildings, Bull. Seism. Soc. Am. 91, 1112-1127, 2001.(PDF2023KB)
  • Miyake, H., T. Iwata, and K. Irikura: Estimation of rupture propagation direction and strong motion generation area from azimuth and distance dependence of source amplitude spectra, Geophys. Res. Lett., 28, 2727-2730, 2001.PDF(775KB)
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵:シナリオ地震の強震動予測, 地学雑誌, 特集号「地震災害を考える―予測と対策」, 110, 849-875, 2001.
  • Satoh, T., H. Kawase, T. Iwata, S. Higashi, T. Sato, K. Irikura, and H.-C. Huang: S-wave velocity structure of the Taichung basin, Taiwan, estimated from array and single-station records of microtremors, Bull. Seism. Soc. Am., 91, 1267-1282, 2001.(PDF2535KB)
  • Sanchez-Sesma, F. J., R. Madariaga, and K. Irikura: An approximate elastic two-dimensional Green's function for a constant-gradient medium, Geophys. J. Int., 146, 237-248, 2001.
  • 入倉孝次郎(分担):防災ハンドブック, 京都大学防災研究所編, 朝倉書店2001.
  • 入倉孝次郎:ここまでわかった都市直下地震, 共著 クバプロ, 2001.
  • Luis A. Dalguer, K. Irikura, J. D. Riera, and H. C. Chiu, Data Files from "The Importance of the Dynamic Source Effects on Strong Ground Motion during the 1999 Chi-Chi, Taiwan, Earthquake: Brief Interpretation of the Damage Distribution on Buildings" Bulletin of the Seismological Society of America, Oct 2001; 91: 1383.(PDF21KB)
2000 発表、講演リスト
  • 入倉孝次郎:活断層を震源とする強震動を予測する手法、大阪盆地周辺の活断層からの強震動予測の応用(セミナー講師)、中央区立産業会館(東京都)、2000年12月7日
  • 赤澤隆士・香川敬生・入倉孝次郎:関西地震観測研究協議会で観測された鳥取県西部地震記録、「2000年鳥取県西部地震」速報セッション、2000年11月20日
  • 岩田知孝・関口春子・松元康広・三宅弘恵・入倉孝次郎:2000年鳥取県西部地震の震源過程と震源近傍強震動、「2000年鳥取県西部地震」速報セッション、2000年11月20日
  • 釜江克宏・入倉孝次郎:Kocaeli(トルコ)地震と集集(台湾)地震の震源断層モデルと広帯域強震動シミュレーション、日本地震学会2000年秋季大会、B19、2000年11月
  • 入倉孝次郎・三宅弘恵:強震動予測のための震源特性化の手続き、地震学会2000年秋季大会、2000年11月
  • John X. Zhao and Kojiro Irikura: An attenuation relationship accounting for effects of inland crustal, Inter-slab and intra-slab earthquakes, 日本地震学会2000年秋季大会, 2000年11月
  • Tomotaka Iwata, Haruko Sekiguchi, Kojiro Irikura: Source Process of the 1999 Chi-chi, Taiwan, Earthquake and its Near-Fault Strong Ground Motions, 2000 Western Pacific Geophysics Meeting, Tokyo, 2000
  • K.Irikura:”Future Directions in Earthquake Engineering and Science” Keynote Lecture, International Workshop on the Quantitative Prediction of Strong-motion and the Physics of Earthquake Sources, Tsukuba Center for Institute and the Geological Survey of Ja
  • K. Irikura and K. Kamae: Source Characteristics for Predicting Strong-ground Motion, International Workshop on the Quantitative Prediction of Strong-motion and the Physics of Earthquake Sources, Tsukuba Center for Institute and the Geological Survey of Ja
  • 入倉孝次郎:地震を診断する―兵庫県南部地震、台湾地震、トルコ地震(講演)、第7回京都地盤研究会ワークショップ、平成12年9月29日
  • 入倉孝次郎:最近の大地震における強震動と被害の特徴から学ぶこと―強震動予測のためのレシピ提案―、第7回京都地盤研究会ワークショップ、平成12年9月29日
  • Kojiro Irikura: Recipe for predicting strong ground motion, US-Japan Cooperative Research for Urban Earthquake Disaster Mitigation Workshop on Prediction of Strong Ground Motions in Urban Regions, Tokyo Ruby Hotel (Tokyo), July 1st, 2000
  • 入倉孝次郎:最近の大地震における強震動と被害の特徴から学ぶこと―強震動の予測のためのレシピの提案―(講演)、関電会館、平成12年5月16日
  • 入倉孝次郎:最近の地震における強震動に学ぶ、和泉イブニングセミナー、富国生命ビル、平成12年5月15日
  • Kojiro Irikura: Faulting, ground condition, and strong motion, Hokudan International Symposium and School on Active Faulting, Hokudan Town, Awaji Island, Japan, January 17th-26th, 2000
2000 研究成果
  • Lacave-Lachet, C., P.-Y. Bard, J-C. Gariel, and K. Irikura: Straightforward methods to detect non-linear response of the soil, Application to the recordings of the Kobe earthquake (Japan, 1995), J. of Seism. , 4, 161-173, 2000.
  • Irikura, K. and K. Kamae: Source characteristics for predicting strong-ground motion, International Workshop on the Quantitative Prediction of Strong-motion and the Physics of Earthquake Sources, 2000.
  • Tsurugi, M., S. Sawada, K. Irikura, and K. Toki : Distribution of the site amplification factors on Osaka plain based on questionnaire survey of the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake, Proc. of the 6th International Conference on Seismic Zonation (CD-ROM), 2000.
  • Miyake, H., T. Iwata, and K. Irikura : Source characterization of inland crustal earthquakes for near-source ground motions, Proc. of the 6th International Conference on Seismic Zonation (CD-ROM), 2000.
  • Dalguer L. A. and Irikura K.:Dynamic source effects of dip-slip earthquake on strong ground motion, Proc. of the 2nd ACES Workshop, 250-255, 2000.
  • Iwata, T., H. Sekiguchi, and K. Irikura :Rupture process of the 1999 Chi-Chi, Taiwan, earthquake and its near-source strong ground motions, Proc. of International Workshop on Annual Commemoration of Chi-Chi earthquake, 1, 36-46, 2000.
  • Irikura K., K. Kamae and L. A. Dalguer: Source model for simulating ground motion during the 1999 Chi-Chi earthquake, Proc. of International Workshop on Annual Commemoration of Chi-Chi earthquake, 1, 1-12, 2000.
  • Dalguer, L. A., K. Irikura, H. C. Chiu, and J. Riera : Dynamic rupture simulation of the southern part of the Chelungpu fault in the Chi-Chi earthquake, Transaction of the 2000 Annual Meeting of the Geological Society of China, 266-268, 2000.
  • Sekiguchi, H., K. Irikura, and T. Iwata:Fault geometry at the rupture termination of the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake, Bull. Seism. Soc. Am., 90, 117-133, 2000.(PDF1464KB)
  • Pitarka, A., P. Somerville, Y. Fukushima, T. Uetake, and K. Irikura : Simulation of near-fault strong ground motion using hybrid Green’s functions, Bull. Seism. Soc. Am., 90, 566-587, 2000.(PDF2276KB)
  • Moya, A., J. Aguirre, and K. Irikura: Inversion of source parameters and site effects from strong ground motion records using genetic algorithms, Bull. Seism. Soc. Am., 90, 977-993, 2000.(PDF3376KB)
  • Fukushima, Y., K. Irikura, T. Uetake, and H. Matsumoto: Characteristics of observed peak amplitude for strong ground motion from the 1995 Hyogo-ken Nanbu (Kobe) earthquake, Bull. Seism. Soc. Am., 90, 545-566, 2000.(PDF2001KB)
  • Bouin, M.-P., M. Cocco, G. Cultrera, H. Sekiguchi, and K. Irikura:The rupture process of the MJ=7.2 1995 Hyogo-ken Nanbu (Kobe) earthquake deduced from S-wave polarization analysis, Geophys. J. Int., 143, 521-544, 2000.
  • 入倉孝次郎:阪神・淡路大震災を起こしたものは何であったのか, 岩波科学, 70-1, 42-50, 2000.
  • Sekiguchi, H., K. Irikura, and T. Iwata: The source inversion with source waveforms including rupture directivity on each sub fault by convolution technique, Proc. 12th World Conference of Earthquake Engineering, 0756(8pp), 2000.
  • Irikura, K.: Prediction of strong motions from future earthquakes caused by active faults -case of the Osaka basin-, Proc. 12th World Conference of Earthquake Engineering, 1243(8pp), (CD-ROM), 2000.
  • Miyakoshi, K., T. Kagawa, H. Sekiguchi, T. Iwata and K. Irikura: Source characterization of inland earthquakes in Japan using source inversion results, Proc. 12th World Conference of Earthquake Engineering, 1850(8pp), 2000.
  • Iwata, T., H. Kawase, H. Sekiguchi, S. Matusshima, A. Pitarka, and K. Irikura: Standard basin structure model construction and strong ground motion simulation for Kobe, Proc. 12th World Conference of Earthquake Engineering, 2691(8pp), 2000.
  • 入倉孝次郎:都市を襲う地震から身を守るアドバイス ―敵を知り己を知る―, 電気協会報12年9月号, 50-54, 2000.
  • Pulido, N. and K. Irikura: Estimation of dynamic rupture parameters from the radiated seismic energy and apparent stress, Geophys. Res. Lett., 27, 3429-3432, 2000.
  • Petukhin, A. and K. Irikura: A method of the separation of source and site effects and the apparent Q structure from strong motion data, Geophys. Res. Lett., 27, 3429-3432, 2000.
1999 発表、講演リスト
  • 入倉孝次郎:強震動予測のレシピ―活断層を想定した強震動予測のためのレシピ―、免震・制震・除震研究フォーラム、社団法人 システム総合研究所、京都、平成11年5月10日
  • 入倉孝次郎・香川敬生・釜江克宏・関口春子:強震動予測のためのレシピ、平成10年度京都大学防災研究所研究発表講演会、京都大学宇治キャンパス、平成11年2月19日
  • 釜江克宏・入倉孝次郎:1948年福井地震の強震動シミュレーション、平成10年度京都大学防災研究所研究発表講演会、京都大学宇治キャンパス、平成11年2月19日
  • Koji MATSUNAMI, Wenbo ZHANG, Kojiro IRIKURA: Site Response Estimation from Strong Motion Data in Tangshan Area, China, 平成10年度京都大学防災研究所研究発表講演会、京都大学宇治キャンパス、平成11年2月19日
  • 岩田知孝・川瀬博・筧楽麿・佐藤智美・入倉孝次郎・John Anderson, John Louie: 米国ネバダ州レノにおけるアレイ微動観測による地下速度構造調査、平成10年度京都大学防災研究所研究発表講演会、京都大学宇治キャンパス、平成11年2月19日
  • 入倉孝次郎・岩田知孝:直下地震の強震動予測、平成10年度京都大学防災研究所研究発表講演会、京都大学宇治キャンパス、平成11年2月17日
  • 入倉孝次郎:兵庫県南部地震と都市平野地下の深部構造調査の必要性(特別基調講演)、シンポジウム「これからの都市地震防災と深部地盤構造を考える」、日本応用地質学会・(社)全国地質調査業協会連合会主催、神戸国際展示場、1999年1月13日
1999 研究成果
  • Iwata. T., H. Sekiguchi, A. Pitarka, and K. Irikura: Source and basin-structure effects on near-fault ground motions during the 1995 Hyogoken-nanbu (Kobe) earthquake, Proc. 2nd Japan-China Joint Workshop on Prediction and Mitigation of Seismic Risk in Urban Regions, 10pp, 1999.
  • Irikura, K.: Recipe for estimating strong ground motions from active fault earthquakes, Proc. International Workshop on Seismotectonics at the Subduction Zone -Toward the breakthrough in the next century-, National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention Science and Technology Agency, Tsukuba, JAPAN, 1999.
  • 入倉孝次郎・香川敬生:強震観測の最新情報 -関西地震観測研究協議会(関震協: CEORKA)-, 日本地震学会ニュースレター, 11(4), 28-30, 1999.
  • 入倉孝次郎:地震とともに生きるにはどうすればよいのか?, ないふる, 14, 3, 1999.
  • Iwata, T., H. Sekiguchi, and K. Irikura:Source and site effects on strong ground motion in near-source area during the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake, Proc. International Seminar on Numerical Analysis in Solid and Fluid Dynamics in 1999, Osaka, 41-48, 1999.
  • Veronika, P., K. Maeda, K. Matsumura, and K. Irikura:Foreshock activity and its probabilistic relation to earthquake occurrence in Albania and the surrounding area, Annali di Geofisica, 42, 809-819, 1999.
  • Somerville, P. G., K. Irikura, R. Graves, S. Sawada, D. Wald, N. Abrahamson, Y. Iwasaki, T. Kagawa, N. Smith, A. Kowada:Characterizing crustal earthquake slip models for the prediction of strong ground motion, Seism. Res. Lett., 70, 59-80, 1999.
  • 岡本大志・岩田知孝・入倉孝次郎:S波部分上下動, P波部分水平動のサイト増幅特性, 京都大学防災研究所年報, 42 B-1, 159-166, 1999.
  • 鶴来雅人・澤田純男・入倉孝次郎・土岐憲三:アンケート調査による兵庫県南部地震の大阪府域の震度分布, 土木学会論文集, 612/I-46, 165-179, 1999.
  • 入倉孝次郎・釜江克宏:1948年福井地震の強震動―ハイブリッド法による広帯域強震動の再現―, 地震第2輯, 52, 129-150, 1999.
  • 入倉孝次郎・釜江克宏:南海トラフ沿い巨大地震に引き起こされる強震動, 月刊地球, 総特集, 南海地震 ―次の巨大地震に備えて―, 号外24, 176-188, 1999.
  • 岩田知孝・三宅弘恵・入倉孝次郎:レシピに基づく強震動シミュレーション ―滋賀県北西部の活断層を震源とする場合―, 第4回都市直下地震災害総合シンポジウム論文集, 99-100, 1999.
  • 入倉孝次郎・岡田篤正・中田 高・佐藤比呂志・纐纈一起・工藤一嘉・笹谷 努・岩田知孝・山下輝夫・宮武 隆・釜江克宏・竹中博士・横井俊明・筧 楽麿・山中浩明・小嶋啓介:活断層を想定した強震動予測 ―その4―, 第4回都市直下地震災害総合シンポジウム論文集,1-8, 1999.
  • Moczo, P. and K. Irikura: The Northridge and Kobe simultaneous simulation experiments,  Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 3, 1525-1526, 1999.
  • Kristek, J., P. Moczo, K. Irikura, T. Iwata, and H. Sekiguchi: The 1995 Hyogo-Ken Nanbu, Japan, earthquake simulated by the 3D finite difference method, Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 3, 1361-1368, 1999.
  • Iwata, T., H. Kawase, H. Sekiguchi, S. Matsushima, and K. Irikura: Strong motion data and Geological structures distributed for Simultaneous Simulation for Kobe, Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 3, 1295-1310, 1999.
  • Kamae, K. and K. Irikura: Simulation of strong motion using empirical Green’s function method, Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 3, 1425-1434, 1999.
  • Iwata T., G, Sekiguchi, A. Pitarka, and K. Irikura: Ground motion simulations in the Kobe area during the 1995 Hyogoken-Nanbu earthquake, Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 3, 1369-1376, 1999.
  • Aoi, S., H. Sekiguchi, T. Iwata, and H. Fujiwara: 3D Waveform simulation in Kobe of the 1995 Hyogoken-nanbu earthquake, Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 3, 1347-1352, 1999.
  • Kojiro Irikura, Kazuyoshi Kudo, Hiroshi Okada & Tsutomu Sasatani,(編集責任者),The effects of Surface Geology on Seismic Motion, Recent progress and new horizon on ESG study, Proc. of 2nd Int. Symp. On ESG, published by A.A.BALKEMA, 3, 1999.
  • 三宅弘恵・岩田知孝・入倉孝次郎:経験的グリーン関数法を用いた1997年3月26日(M6.5)及び5月13日(M6.3)鹿児島県北西部地震の強震動シミュレーションと震源モデル, 地震第2輯, 51, 431-442, 1999.
1998 発表、講演リスト
  • Kojiro Irikura: Destructive ground motion generated during the 1995 Hyogoken-nanbu (Kobe) earthquake (Invited), The 4th SEGJ International Symposium-Fracture Imaging-, Nihondaigaku-Kaikan, Tokyo, December 10th , 1998
1998 研究成果
  • 入倉孝次郎・岩田知孝・関口春子・釜江克宏:1995年兵庫県南部地震の強震動,大震災に学ぶ, 阪神・淡路大震災調査研究委員会報告書,1,土木学会関西支部,116-144, 1998.
  • Kawase, H., T. Satoh, T. Iwata, and K. Irikura: S-wave velocity structure in the San Fernando and Santa Monica areas, Proc. 2nd Int. Symp. on ESG, 3, 1519-1520, 1998.
  • 入倉孝次郎・岩田知孝・関口春子・釜江克宏:1995年兵庫県南部地震の震源断層と強震動,阪神・淡路大震災調査報告,機械編,第1章,阪神・淡路大震災調査研究委員会,日本地震学会・土木学会・日本建築学会・地盤工学会・日本機械学会, 3-28, 1998.
  • 入倉孝次郎・岩田知孝・関口春子:阪神・淡路大震災を引き起こした強震動, 岩の力学国内シンポジウム講演論文集, 10, 819-824, 1998.
  • 入倉孝次郎・境有紀・工藤一嘉:大加速度(速度)強震動の成因解明と強震動-地震被害との相互連関性に関する研究, 東京大学地震研究所広報, 21, 1-1, 3-8, 1998.(PDF838KB)
  • 香川敬生・入倉孝次郎・武村雅之:強震動予測の現状と将来の展望, 地震第2輯, 51, 339-354, 1998.
  • 三宅弘恵・岩田知孝・入倉孝次郎:K-NET記録を用いた1997年5月13日鹿児島県北西部地震の震源過程, 第3回都市直下地震災害総合シンポジウム論文集, 201-202, 1998.
  • 釜江克宏・入倉孝次郎:震源近傍域での強震動パルスの特性と断層破壊過程との関係, 第3回都市直下地震災害総合シンポジウム論文集, 75-78, 1998.
  • 岩田知孝・川瀬 博・佐藤智美・筧 楽麿・入倉孝次郎・ジョン・ルイ・ジョン・アンダーソン:アメリカネバダ州レノにおけるアレイ微動観測, 第3回都市直下地震災害総合シンポジウム論文集, 131-134, 1998.
  • 岩田知孝・入倉孝次郎:理論的強震動予測における震源のモデル化, 日本建築学会第26回地盤震動シンポジウム論文集, 31-38, 1998.
  • 入倉孝次郎・香川敬生・釜江克宏・関口春子:強震動予測のためのレシピ, 第3回都市直下地震災害総合シンポジウム論文集, 125-128, 1998.
  • Zhang, W., K. Matsunami, and K. Irikura: Site amplification estimation from strong motion data in Tangshan area, China, Proc. 2nd Japan-China joint workshop on prediction and mitigation of seismic risk in urban regions, Hikone, Japan, 51-64, 1998.
  • Tatsumi, Y., T. Kitano, F. Amaike, A. Nobata, and K. Irikura: Strong ground motion observation at bedrock in the Kinki district, Japan, Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 1, 293-298, 1998.
  • Pitarka, A., K. Irikura, T. Iwata, and H. Sekiguchi: Local geological structure effects on ground motion from earthquake on basin-edge faults, Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 2, 901-906, 1998.
  • Pulido, N. E. and K. Irikura: Source modeling of the Tauramena earthquake (Columbia, Jan. 1995), Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 2, 1115-1120, 1998.
  • Moya, A., and K. Irikura: Attenuation and site effect in the Osaka area, Japan, Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 2, 387-392, 1998.
  • Maruo, Y., T. Iwata, and K. Irikura: Site effects of Kobe large earthquake disaster belt using aftershock data, Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 2, 537-544, 1998.
  • Kawase, H., T. Satoh, T. Iwata, and K. Irikura: S-wave velocity structure in the San Fernando and Santa Monica areas, Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 2, 733-740, 1998.
  • Kamae, K., K. Irikura, and A Pitarka: A simulation technique of near-source ground motion using hybrid Green’s function, Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 2, 947-954, 1998.
  • Aguirre, J. and K. Irikura: High frequency inversion of the seismic source during the 1995 Hyogo-ken nanbu earthquake using GA and EGF, Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 2, 1109-1114, 1998.
  • Kagawa, T., T. Akazawa, Y. Iwasaki, K. Irikura, and K. Toki: Contribution of CEORKA to obtain the strong motion records of the 1995 Hyogo-ken nanbu earthquake, Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 2, 387-392, 1998.
  • Irikura, K:Prediction of strong motions from future earthquakes in the Osaka basin, Proc. 2nd International Symposium on “The Effects of Surface Geology on Seismic Motion” published by A.A.BALKEMA, 1, 171-188, 1998.
  • Irikura, K.: Destructive ground motion during the 1995 Hyogo-ken Nanbu (Kobe) earthquake, Proc. of 4th SEGJ (Society of Exploration Geophysicists of Japan) International Symposium, 35-42, 1998.
  • Somerville, P. G.・香川敬生・入倉孝次郎・澤田純男・巽誉樹:断層面上のすべり分布の経験的モデル化の検討, A Study on empirical modeling of slip distribution on faults,第10回日本地震工学シンポジウム論文集, 1, 123-128, 1998.
  • Pitarka, A., K. Irikura, and T. Iwata: Basin edge effect on ground motion from Hyogo-ken Nanbu earthquake in the Kobe region, 第10回日本地震工学シンポジウム論文集, 1, 851-856, 1998.
  • Sekiguchi, H., K. Irikura, and T. Iwata: Detailed source process of the 1995 Hyogoken Nanbu (Kobe) earthquake using near-field strong ground motion data, 第10回日本地震工学シンポジウム論文集, 1, 67-72, 1998.
  • Iwata, T., H. Sekiguchi, A. Pitarka, K. Kamae, and K. Irikura: Evaluation of strong ground motion in the source area during the 1995 Hyogoken-Nanbu (Kobe) earthquake, 第10回日本地震工学シンポジウム論文集, 1, 73-78, 1998.
  • 入倉孝次郎:活断層を想定した強震動予測, 第10回日本地震工学シンポジウム・パネルディスカッション資料集, 1-6, 1998.
  • 古和田 明・田居 優・岩崎好規・入倉孝次郎:経験的サイト増幅・位相特性を用いた水平動および上下動の強震動評価, 日本建築学会構造系論文集, 514, 97-104, 1998.
  • Kamae, K., P.-Y. Bard, and K. Irikura: Predicition of strong ground motion at EURO-SEISTEST site using the empirical Green’s function method, Journal of Seismology, 2, 193-207, 1998.
  • Kamae, K., K. Irikura, and A. Pitarka: A technique for simulating strong ground motion using hybrid Green’s function, Bull. Seism. Soc. Am., 88, 357-367, 1998.(PDF1251KB)
  • Kamae, K. and K. Irikura: Source model of the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake and simulation of near-source ground motion, Bull. Seism. Soc. Am., 88, 400-412, 1998.(PDF1371KB)
  • Pitarka, A., K. Irikura, T. Iwata, and H. Sekiguchi: Three-dimensional simulation of the near-fault ground motion for the 1995 Hyogoken-nanbu, Japan, earthquake, Bull. Seism. Soc. Am., 88, 428-440, 1998.(PDF6385KB)
  • Bouchon, M., H. Sekiguchi, K. Irikura, and T. Iwata: Some characteristics of the stress field of the 1995 Hyogo-ken Nanbu (Kobe) earthquake, J. Geophys. Res., 103, 24271-24282, 1998.
  • Irikura, K., K. Kudo, H. Okada, and T. Sasatani (eds): The effects of surface geology on seismic motion - Recent progress and new horizon on ESG study / Proc. of the second symposium, Yokohama, Japan, 1-3 December 1998.
  • 阪神淡路大震災調査報告書(共通編 2-1地震・地震動)阪神淡路大震災調査報告編集委員会出版, 1998.
  • 石橋克彦、室崎益輝、藤田和夫、入倉孝次郎他著、「大震災以後」/「科学」編集部編、岩波書店、  1998.3
1997 発表、講演リスト
  • Irikura, K: The Japan-China joint project on strong ground motion prediction and earthquake disaster mitigation in urban areas, Internationa Symposium on Natural Disaster Prediction and Mitigation, Kyoto, Japan, December 1-5, 1997
  • 入倉孝次郎:想定断層に対する強震動予測、国際ワークショップ 長期的な大地震の活動を探る―防災への活用―、ホテルアソシア静岡ターミナル、平成9年10月21日    
  • 入倉孝次郎、香川敬生、関口春子:経験的グリーン関数を用いた強震動予測方法の改良 日本地震学会予稿集Vol2, 1997 (PDF)        
  • Irikura, K.: Strong ground motion prediction for active faults with high earthquake potential, Proc. of the Japan-China Joint Workshop on Prediction and Mitigation of Seismic Risk in Urban Rgion, Xian, China, October 11-13, 1997
  • Cotton, F., Sekiguchi, H., Irikura, K., and Campillo M,: Fault geometry of the 1995 Kobe earthquake using strong motion data, the 92nd Annual Meeting, Hawaiian Regent Hotel, Honolulu, April 10th, 1997
  • Pitarka, A., Irikura, K., and Iwata, T.: Modeling of ground motion in Higashinada (Kobe) area for an aftershock of the January 17, 1995 Hyogo-Ken Nanbu, Japan, earthquake, the 92nd Annual Meeting, Hawaiian Regent Hotel, Honolulu, April 9th, 1997
  • Aguirre, J., and Irikura, K.: Permanent change in the S-wave velocity of the soft soil layers in Port Island and Roko Island after the 1995 Hyugoken Nambu earthquake, the 92nd Annual Meeting, Hawaiian Regent Hotel, Honolulu, April 9th, 1997
  • Kamae, K., Pitarka, A., and Irikura, K.: Simulation of strong ground motion from the 1995 Hyogo-Ken Nanbu earthquake using a hybrid Green’s function, the 92nd Annual Meeting, Hawaiian Regent Hotel, Honolulu, April 9th, 1997
  • 入倉孝次郎:活断層理解の立場から ~地震の予知・予測~、Memorial Conference in Kobe II ~阪神・淡路大震災の教訓を世界と21世紀に発信する会~、神戸国際会議場、1997年2月24日
  • 土岐憲三(コーディネーター)、入倉孝次郎・井上豊・小林郁雄・小西康夫・林敏彦・笹山幸俊(パネリスト):パネルディスカッション「震災2年目の全体とりまとめと提言」、Memorial Conference in Kobe II ~阪神・淡路大震災の教訓を世界と21世紀に発信する会~、神戸国際会議場、1997年2月24日
1997 研究成果
  • 岩田知孝・関口春子・ピタルカアーベン・釜江克宏・入倉孝次郎:1995年兵庫県南部地震時の震度7域の強震動,平成9年度地震研究所研究集会「地震波伝播の理論とシミュレーション」論文集, 4pp., 1997.
  • 岩田知孝・関口春子・ピタルカアーベン・釜江克宏・入倉孝次郎:1995年兵庫県南部地震時の震度7域の強震動, 日本地震学会強震動委員会強震動シンポジウム「強震動予測による地震災害の軽減をめざして」, 71-74, 1997.
  • 岩田知孝・関口春子・ピタルカアーベン・釜江克宏・入倉孝次郎:1995年兵庫県南部地震時の震度7域の強震動と強震動予測, 第2回都市直下地震災害総合シンポジウム, 101-102, 1997.
  • 入倉孝次郎・岡田篤正・中田高・佐藤比呂志・纐纈一起・工藤一喜・笹谷努・岩田知孝・山下輝夫・宮武隆・釜江克宏・竹中博士・横井俊明・筧楽麿:活断層を想定した強震動の予測, 第2回都市直下地震災害総合シンポジウム, 1-8, 1997.
  • 鶴来雅人・田居優・入倉孝次郎・古和田明:経験的サイト増幅特性評価方法に関する検討, 地震第2輯, 50, 215-227, 1997.
  • Pitarka, A., K. Irikura, and T. Iwata:Modeling of ground motion in Higashinada (Kobe) area for an aftershock of the January 17, 1995, Hyogo-ken Nanbu, Japan, earthquake, Geophys. J. Int., 131, 231-239, 1997.
  • 根本泰雄・根岸弘明・入倉孝次郎:平成7年(1995年)兵庫県南部地震本震震源の再検討, 地震第2輯, 50, 125-129, 1997.
  • 釜江克宏・入倉孝次郎:1995年兵庫県南部地震の断層モデルと震源近傍における地震動シミュレーション, 日本建築学会構造系論文集, 500, 29-36, 1997.
  • Kakehi, Y. and K. Irikura:High-frequency radiation process during earthquake faulting - Envelope inversion of acceleration seismograms from the 1993 Hokkaido-Nansei-Oki, Japan, earthquake, Bull. Seism. Soc. Am., 87, 904-917, 1997.(PDF2290KB)
  • Fukushima, Y. and K. Irikura:Attenuation characteristics of peak ground motions in the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake, J. Phys. Earth, 45, 135-146, 1997.
  • Aoi, S., T. Iwata, H. Fujiwara, and K. Irikura:Boundary shape waveform inversion for two-dimensional basin structure using three-component array data of plane incident wave with arbitrary azimuth, Bull. Seism. Soc. Am., 87, 222-233, 1997.(PDF1258KB)
  • Aguirre, J. and K. Irikura: Nonlinearity, liquefaction, and velocity of soft soil layers in Port Island, Kobe, during the Hyogo-ken Nanbu earthquake, Bull. Seism. Soc. Am., 87, 1244-1258, 1997.(PDF1537KB)
1996 発表、講演リスト
  • 入倉孝次郎:活断層の危険度評価と強震動予測、第1回都市直下地震災害総合シンポジウム、1996年11月27日
1996 研究成果
  • 川瀬博・佐藤智美・福武毅芳・入倉孝次郎:「兵庫県南部地震による神戸ポートアイランドでのボアホール観測記録とそのシミュレーション」に対する討論への回答, 日本建築学会構造系論文集, 484, 159-160, 1996.
  • 入倉孝次郎:阪神・淡路大震災 -防災研究への取り組み- 阪神大震災を引き起こした強震動, 京都大学防災研究所年報, 39A, 17-33, 1996.
  • 入倉孝次郎:大阪およびその周辺地域の地震防災のための想定地震と強震動の予測, 第24回地盤震動シンポジウム論文集, 91-100, 1996.
  • Shiono, K. K. Nakagawa M. Mitamura, S. Masumoto, and K. Irikura:Focusing of seismic waves along the Uemachi Fault: Damage in the Osaka area caused by the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake and a subsurface geologic structure, J. Phys. Earth, 44, 591-599, 1996.
  • Sekiguchi, H., K. Irikura, T. Iwata, Y. Kakehi, and M. Hoshiba:Determination of the location of faulting beneath Kobe during the 1995 Hyogo-ken Nanbu, Japan, earthquake from near-source particle motion, Geophys. Res. Lett., 23, 387-390, 1996.
  • Sekiguchi, H., K. Irikura, T. Iwata, Y. Kakehi, and M. Hoshiba:Minute locating of faulting beneath Kobe and the waveform inversion of the source process during the 1995 Hyogo-ken Nanbu, Japan, earthquake using strong ground motion records, J. Phys. Earth, 44, 473-487, 1996.
  • Pitarka, A., K. Irikura, T. Iwata, and T. Kagawa:Basin structure effects in the Kobe area inferred from the modeling of ground motions from two aftershocks of the January 17, 1995, Hyogoken-nanbu earthquake, J. Phys. Earth, 44, 563-576, 1996.
  • Pitarka, A. and K. Irikura:Basin structure effects on long-period strong motions in the San Fernando Valley and the Los Angeles Basin from the 1994 Northridge earthquake and an aftershock, Bull. Seism. Soc. Am., 86, S126-S137, 1996.(PDF1352KB)
  • Pitarka, A. and K. Irikura:Modeling 3D surface topography by finite-difference method: Kobe-JMA station site, Japan, case study, Geophys. Res. Lett., 23, 2729-2732, 1996.
  • Kakehi, Y., K. Irikura, and M. Hoshiba:Estimation of high-frequency wave radiation areas on the fault plane of the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake by the envelope inversion of acceleration seismograms, J. Phys. Earth, 44, 505-517, 1996.
  • Kakehi, K. and K. Irikura:Estimation of high-frequency wave radiation areas on the fault plane by the envelope inversion of acceleration seismograms, Geophys. J. Int., 125, 892-900, 1996.
  • Kagawa, T. K. Irikura, and I. Yokoi:Restoring clipped records of near-field strong ground motion during the 1995 Hyogo-ken Nanbu(Kobe), Japan, earthquake, J. Natural Disas. Sci., 18(1), 43-57, 1996.
  • Iwata, T., K. Hatayama, H. Kawase, and K. Irikura:Site amplification of ground motions during aftershocks of the 1995 Hyogoken-nambu earthquake in severely damaged zone - Array observation of ground motions at Higashinada Ward, Kobe city, Japan -, J. Phys. Earth, 44, 553-561, 1996.
  • Irikura, K. and K. Kamae:Physically based source models and strong-ground-motion prediction, Proceedings of the 11th World Conference on Earthquake Engineering, Acapulco, June, 1996.
  • 入倉孝次郎:ローカルネットワークからみた地震特性, 阪神・淡路大震災 -都市直下型地震と地質環境特性-, 地質環境と地球環境シリ-ズ, 3, 東海大学出版会, 43-57, 1996.
  • 共著 巨大地震の予知と防災, 創文社, 1996.
  • Irikura, K. and M. Ando: Learning from the 1995 Hyogo-ken Nanbu Earthquake, J. Phys. Earth, 44, i-v, 1996.
1995 研究成果
  • 福島美光・入倉孝次郎: 1995年1月17日兵庫県南部地震における最大振幅の距離減衰、日本建築学会大会学術講演梗概集, 149-150, 1995.
  • Hatayama, K., K. Matsunami, T. Iwata, and K. Irikura: Basin-induced Love waves in the eastern part of the Osaka basin (Japan), Proc. 5th Inter. Conf. Seismic Zonation, Nice, 763-770, 1995.
  • 入倉孝次郎:1995年兵庫県南部地震による強震動, 月刊地球, 号外13, 54-62, 1995.
  • 入倉孝次郎:兵庫県南部地震の強震動と被害の特徴, 京都大学防災研究所年報, 38A, 53-67, 1995.
  • 山本みどり・岩田知孝・入倉孝次郎:釧路地方気象台における強震動と弱震動に対するサイト特性の評価, 地震第2輯, 48, 341-351, 1995.
  • Pitarka, A., K. Irikura, and T. Kagawa:Source complexity of the January 17, 1995 Hyogoken-Nambu earthquake determined by near-field strong motion modeling : preliminary results, J. Natural Disas. Sci., 16(3), 31-37, 1995.
  • 川瀬博・佐藤智美・松島信一・入倉孝次郎:余震観測記録に基づく兵庫県南部地震時の神戸市東灘区における本震地動の推定, 日本建築学会構造系論文集, 476, 103-112, 1995.
  • 川瀬博・佐藤智美・福武毅芳・入倉孝次郎:兵庫県南部地震による神戸市ポートアイランドでのボアホール観測記録とそのシミュレーション, 日本建築学会構造系論文集, 475, 83-92, 1995.
  • Kamae, K. and K. Irikura:A fault rupture model of the 1995 Hyogoken Nambu earthquake (MJMA = 7.2) estimated by the empirical Green's function method, J. Natural Disas. Sci., 16(2), 31-40, 1995.
  • Iwata, T., K. Hatayama, H. Kawase, K. Irikura, and K. Matsunami:Array observation of aftershocks of the 1995 Hyogoken-nambu earthquake at Higashinada ward, Kobe city, J. Natural Disas. Sci., 16(2), 41-48, 1995.
  • 入倉孝次郎:兵庫県南部地震の震源断層,強震動と被害の特徴, 物理探査, 48, 463-489, 1995.
  • Irikura, K. and Y. Fukushima:Attenuation characteristics of peak amplitude in the Hyogoken-nambu earthquake, J. Natural Disas. Sci., 16(3), 39-46, 1995.
  • Hatayama, K., K. Matsunami, T. Iwata, and K. Irikura:Basin-induced Love waves in the eastern part of the Osaka basin, J. Phys. Earth, 43, 131-155, 1995.
  • Aoi, S., T. Iwata, K. Irikura, and F. J. Sanchez-Sesma:Waveform inversion for determining the boundary shape of a basin structure, Bull. Seism. Soc. Am., 85, 1445-1455, 1995.(PDF1064KB)
  • Aguirre, J. and K. Irikura:Preliminary analysis of non-linear site effects at Port Island vertical array station during the 1995 Hyogoken-Nambu earthquake, J. Natural Disas. Sci., 16(2), 49-58, 1995.
  • 阪神・淡路大震災誌(共著)、朝日新聞社、1995
1994 研究成果
  • 鶴来雅人・澤田純男・入倉孝次郎: アンケート調査による兵庫県南部地震の大阪府域の震度分布、土木学会論文集No.488/IV-23, 11-13, 1994.
  • Irikura, K. and K. Kamae: Estimation of strong ground motion in broad-frequency band based on a seismic source scaling model and an empirical Green’s function technique, Annali Di Geofisica, Vol. XXXVII, N.6, 1721-1743, 1994.(PDF1734KB)
  • Irikura, K.: Lessons from the Ashigara Valley experiment and the Odawara Symposium on the effects of surface geology on seismic motion, Earthq. Eng. 10th World Conf., 6981-6982, 1994.
  • Sinozaki, Y. and K. Irikura, Summary and some comments of results of Ashigara Valley blind prediction test, Earthq. Eng. 10th World Conf., 6973-6976, 1994.
  • 筧楽麿・入倉孝次郎・芝良昭:経験的グリーン関数法による1993年釧路沖地震の強震動波形の合成, 京都大学防災研究所年報, 37 B-1, 217-223, 1994.
  • 岩田知孝・釜江克宏・入倉孝次郎:近地強震記録を用いた1993年北海道南西沖地震最大余震(1993/8/8 MJMA 6.3)の震源過程, 月刊海洋, 号外7「北海道南西沖地震と津波」, 80-87, 1994.
  • 釜江克宏・入倉孝次郎:統計的波形合成法を用いた1946年南海地震の震源分布の再現, 第9回日本地震工学シンポジウム論文集, 1, 559-564, 1994.
  • Iwata, T. and K. Irikura:Estimation of source, propagation-path, and site effects using 3-D seismic array data, Proc. of the 9th Japan Earthq. Eng. Symp., 3, E055-060, 1994.
  • 田居 優・岩崎好規・入倉孝次郎・岡崎 敦: JMA87型記録による震源, 伝播, サイトの地域特性の検討, 第9回日本地震工学シンポジウム, 1, 751-756, 1994.
  • 釜江克宏・入倉孝次郎: 1946年南海地震 (Mw=8.1) 時の震源近傍及び周辺地域における強震動評価, 日本建築学会構造系論文集, 455, 61-71, 1994.
  • 入倉孝次郎 : 地震災害軽減のための強震動の予測, 第9回「大学と科学」公開シンポジウム講演収録集『自然災害と地域防災』, 72-89, 1994.
  • Irikura, K. and K. Kamae:Simulation of strong ground motion based on fractal composite faulting model and empirical Green's function, Proc. of the 9th Japan Earthquake Engineering Symposium, 3, E019-024, 1994.
  • 入倉孝次郎: 震源のモデル化と強震動予測, 地震第2輯, 46, 495-512, 1994..
  • Aguirre, J., K. Irikura, and K. Kudo:Estimation of strong ground motion on hard rock and soft sediment sites in the Ashigara valley using the empirical Green's function method, Bull. Disas. Prev. Res. Inst., Kyoto Univ., 44, 45-68, 1994.
1993 研究成果
  • 青井真・岩田知孝・小林芳正・入倉孝次郎: Waveform inversion による盆地構造の境界面形状の推定,地震第2輯,46,95-108, 1993.
  • Irikura, K., T. Iwata, and M. Takemura: Simulation and prediction of strong ground motion in Earthquake motion and ground conditions, edited by The Archtectural Institute of Japan, 335-394, 1993.
  • Irikura, K.: Earthquake similarity and prediction of strong ground motion, Proc. 3rd ROC and Japan Joint Seminar on Natural Hazards Mitigation, 21-38, 1993.
  • 入倉孝次郎:メキシコ地震防災プロジェクト―地震災害軽減のための日本の国際社会への寄与、京都大学防災研究所年報、36A、29-45、1993
1992 研究成果
  • Kudo, K., K. Irikura and H. Kawase: Effects of surface geology on seismic mmotion: Introduction to the special issue, J. Phys. Earth, 40, 1-4, 1992.
  • 入倉孝次郎・福山英一:震源過程のインバージョン、月刊地球号外 4、「三雲健教授退官記念号―地震発生機構・予知・テクトニクス―」、74-79、1992
  • 松波孝治・岩田知孝・入倉孝次郎:近畿における広帯域強震動アレー観測,京都大学防災研究所年報,35B-1,1-11, 1992.
  • Kamae, K. and K. Irikura: Prediction of site-specific strong ground motion using semi-empirical methods, Proc. 10th World Conf. Earthquake Engineering, 1, 801-806, 1992.
  • Iwata, T. , K. Irikura, and J.-C. Gariel: Estimation of effects of subsurface structure on ground motions using 3-D array data, Proc. 10th World Conf. Earthq. Eng., 1, 247-252, 1992.
  • Irikura, K. and J. Aguirre: The estimation of strong ground motion for future earthquake in Mexico, International Symposium on Earthquake Disaster Prevention, 1, 156-169, 1992.
  • Irikura, K. and T. Iwata: Simulation and prediction of strong ground motions, Training Course in Seismology and Earthquake Engineering II, Int. Inst. Of Seismology and Earthquake Engineering (IISEE), Japan International Cooperation Agency (JICA), TBIC JR 92-23, 46pp, 1992.
  • K. Irikura: The construction of large earthquake by a superposition of small events, Proc. 10th World Conf. Earthq. Eng., 1, 727-730, 1992.
1991 研究成果
  • Irikura, K.: The physical basis of the empirical Green’s function method and the prediction of strong ground motion for large earthquake, Proc. of International Workshop on Seismology and Earthq. Eng., 89-95, 1991.
  • 横井俊明・入倉孝次郎:ω-2-caling則に基づく経験的Green関数法による波形合成とfmax, 京都防災研究所年報, 34B-1, 177-189, 1991.
  • 横井俊明・入倉孝次郎: 震源スペクトルのScaling則と経験的Green関数法, 地震第2輯, 44, 109-122, 1991.
  • 釜江克宏・入倉孝次郎・福知保長:地震のスケーリング則に基づいた大地震時の強震動予測, 日本建築学会構造系論文報告集, 430, 1-9, 1991.
  • 岩田知孝・入倉孝次郎・Jean-Christophe Gariel: 地下における地震動特性--鉛直アレイ地震記録の数値シミュレーション,関西の大深度地盤特性シンポジウム,89-100, 1991.
  • Fujiwara, H. and K. Irikura: High-frequency seismic wave radiation from antiplane cohesive zone model and fmax as source effect, Bull. Seism. Soc. Am., 81, 1115-1128, 1991.(PDF794KB)
  • Aki, K. and K. Irikura: Characterization and mapping of earthquake shaking for seismic zonation, Proc. of the Fourth Int’l Conf. on Seismic Zonation, 1, 61-110, 1991.
1990 研究成果
  • 釜江克宏・入倉孝次郎・福知保長:地域的な震源スケーリング則を用いた大地震(M7級)のための設計用地震動予測, 日本建築学会構造系論文報告書, 416, 57-70, 1990.
  • 釜江克宏・入倉孝次郎・福知保長:特定サイトにおける強震動予測, 日本建築学会構造系論文報告書, 409, 11-25, 1990.
  • Irikura, K. and T. Iwata: Rupture process and strong ground motion of the 1944 Tonankai Earthquake, Proc. 8th Japan Earthq. Eng., 235-240, 1990.
  • Kamae, K., K. Irikura and Y. Kukuchi: A study of ground motion prediction procedure using empirical Green’s function, Proc. 8th Japan Earthq. Eng., 223-228, 1990.
  • Iwata, T. and K. Irikura: Simulation of wide-frequency-band strong ground motions based on heterogeneous rupture process, Proc. 8th Japan Earthq. Eng., 205-210, 1990.
  • 岩田知孝・J.-C. Gariel・入倉孝次郎:地下における地震動特性―鉛直アレイ地震記録の数値シミュレーション―, 関西の大深度地盤特性講演シンポジウム, 89-100, 1990.
1989 発表、講演リスト
  • 入倉孝次郎・岩田 知孝・松井一郎:Ray Theoryを用いた高周波地震動の推定、「表層地震が地震動に及ぼす影響」シンポジウム、日本学術会議地震工学研究連絡委員会主催、日本学術会議大講堂(東京都 港区)、1989年12月7日
1989 研究成果
  • Sanchez-Sesma, F. J., M. Campillo and K. Irikura: A note of the rayleigh hypothesis and the Aki-larner method, Bull. of the Seismological Society of America, Vol. 79, No. 6, 1995-1999, 1989.(PDF312KB)
  • 松波孝治・入倉孝次郎・岩田知孝・藤原広行・松井一郎:大阪平野及び周辺地域における高周波帯域・広動帯域地震波観測, 京都大学防災研究所年報, 32 B-1, 53-60, 1989.
  • 岩田知孝・入倉孝次郎:トモグラフィー法による断層面上の不均質破壊過程の推定, 地震第2輯, 42, 49-58, 1989.
  • Fukuyama, E. and K. Irikura: Heterogeneity of the 1980 Izu-Hanto-Toho-Oki earthquake rupture process, Geophys. J. Int., 99, 711-722, 1989.
  • 入倉孝次郎:経験的グリーン関数法による強震動予測―波形合成の手続き(procedure) とその問題点―, 京都大学防災研究所年報, 32 B-1, 41-52, 1989.
1988 研究成果
  • Irikura, K.: Estimation of near-field ground motion using empirical Green’s Function, Proc. of 9th World Conf. on Earthq. Eng., Vol. VIII, 37-42, 1988.
  • Irikura K.: Review on strong ground motion prediction in Japan, Proc. of the ECE/UN Seminar on Prediction of Earthquakes Lisbon, 261-282, 1988.
  • Iwata, T. and K. Irikura: Prediction of high-frequency strong motions based on heterogeneous faulting model, Proc. 9th World Conf. Earthq. Eng., 2, 715-720, 1988.
  • Iwata, T. and K. Irikura: Source parameters of the 1983 Japan-Sea earthquake sequence, J. Phys. Earth, 36, 155-184, 1988.
1987 研究成果
  • 入倉孝次郎:微動観測による基盤構造の不規則性の推定, 日本建築学会地盤震動シンポジウム, 17, 67-76, 1987.
  • 洲本満由美・入倉孝次郎・岩田知孝:経験的グリーン関数法による高周波地震動の予測, 京都大学防災研究所年報, 30 B-1, 107-131, 1987.
1986 研究成果
  • Fukuyama, E. and K. Irikura: Rupture process of the 1983 Japan Sea (Akita-Oki) earthquake using a waveform inversion method, Bull Seism. Soc. Am., 76, 1623-1640, 1986.(PDF1029KB)
  • 岩田友孝・入倉孝次郎:観測された地震波から震源特性・伝播経路特性及び観測点近傍の地盤特性を分離する試み, 地震第2輯, 39, 151-156, 1986.
  • Irikura, K.:Prediction of strong acceleration motion using empirical Green's function,Proc. 7th Japan Earthq. Eng. Symp., Tokyo, 151-156, 1986.PDF file 1.1MB
1984 研究成果
  • Irikura, K.: Prediction of strong ground motions using observed seismograms from small events, Proc. 8th World Conf. on Earthq. Eng., vol. 2, 465-472, 1984.
  • 小林芳正・安藤雅孝・入倉孝次郎・吉住永三郎:黄檗断層の地球物理学的・地質学的調査、地震第2輯、37、417-428、1984.
  • 天地文男・春日 茂・岸本清行・小林芳正・岩田知孝・入倉孝次郎:反射波を用いた基礎構造の推定、地震第2輯、37、185-196、1984.
  • Iwata, T. and K. Irikura: Estimation of irregular underground-structure form seismic ground motions, Bull. Disas. Prev. Res. Inst., 34, 1-16, 1984.
1983 研究成果
  • Irikura, K.:Semi-empirical estimation of strong ground motions during large earthquakes,Bull. Disas. Prev. Res. Inst., 33, 63-104, 1983.(PDF3157KB)
1982 研究成果
  • 入倉孝次郎・村松郁栄:小地震の震動記録を用いて大地震の震動波形を予想する方法, 自然災害資料解析, 9, 124-137, 1982.
  • Muramatu, I. and K. Irikura: Synthesis of strong earthquake motions over a wide frequency range, Journal of Natural Disaster Science, 4, 55-78, 1982.
  • Kasuga, S. and K. Irikura; Earthquake ground motions Influenced by horizontally discontinuous structures, Bull. Disas. Prev. Res. Inst. 32, 97-114, 1982.
  • Irikura, K. and I. Muramatsu: Synthesis of strong ground motion from large earthquakes using observed seismograms of small events, Proc. 3rd International Earthquake Microzonation Conf., 1, 447-458, 1982.
1980 研究成果
  • 小林芳正・入倉孝次郎・堀家正則・天池文男・岸本清行・春田 茂:黄檗断層の地震探査, 京都大学防災研究所年報, 23 B-1, 95-106, 1980.
  • Irikura, K.: Earthquake ground motions influenced by irregularities of sub-surface topographies, Proc. 7th World Conf. Earthq. Eng., 2, 181-188, 1980.
  • Irikura, K. and T. Kawanaka: Characteristics of microtremors on ground with discontinuous underground structure, Bull. Disas. Prev. Res. Inst., 30, 81-96, 1980.
  • 安藤雅孝・須藤 研・橋田俊彦・入倉孝次郎・五十嵐千秋:地震波速度の精密連続観測(I)-黄檗断層附近における観測, 地震第2輯, 33, 505-515, 1980.
1979 研究成果
  • 入倉孝次郎:地盤の震動特性評価の際の地形の影響, 京都大学防災研究所年報, 20 B-1, 1-11, 1979.
1978 研究成果
  • Irikura, K. and T. Kawanaka: Characteristics of microtremors in a ground with steeply varying structure, Proc. 5th Japan Earthq. Eng. Symp., 297-304, 1978.
  • 入倉孝次郎:地震基盤と地震動, 日本建築学会第6回地盤震動シンポジウム, 1-8, 1978.
1977 研究成果
  • 入倉孝次郎:地盤の震動特性への基盤岩形状の影響, 第14回自然災害シンポジウム, 375-379, 1977.
1976 研究成果
  • 入倉孝次郎:傾斜構造を有する地盤の震動特性, 京都大学防災研究所年報, 19 B, 39-57, 1976.
1975 研究成果
  • 入倉孝次郎:地震波の地盤による増巾度特性, 自然災害資料解析 2, 89-95, 1975.
  • 入倉孝次郎:雑微動の性質と地盤構造の関係について, Proc. 4th Japan Earthq. Eng. Symp., 185-192, 1975.
  • 入倉孝次郎・赤松純平・松波孝治:地盤による地震波の震動特性と雑微動特性の比較, 京都大学防災研究所年報, 18B, 1-9, 1975.
  • 赤松純平・古沢 保・入倉孝次郎:天ヶ瀬地殻変動観測所で観測される局所地震のS波の性質について, 京都大学防災研究所年報, 18B, 11-21, 1975.
1974 研究成果
  • Irikura K. J. Akamatsu:Earthquake motions observed on rock and ground, Bull. Disas. Prev. Res. Inst., 24, 263-280, 1974.
  • 古沢 保・入倉孝次郎・赤松純平:地震波資料のファイリングと自動処理, 京都大学防災研究所年報, 17 B, 15-27, 1974.
1973 研究成果
  • 入倉孝次郎・赤松純平・松波孝治:沖積地盤で観測される地震波動の性質について, 京都大学防災研究所年報, 17B, 1-13, 1973.
  • 古沢 保・入倉孝次郎・赤松純平:京都府南部で発生する微小地震のBody Wavesのスペクトルの地域的特性について, 地震第2輯26,275-284,1973.
  • 後藤典俊・入倉孝次郎・赤松純平:ミニコンピューターによる短周期地震波の多成分観測, 京都大学防災研究所年報, 16 B, 1-9, 1973.
  • Irikura K., J. Akamatsu, and T. Furuzawa: Some problems in determining earthquake ground motions on base rock, Proc. 5th World Conf. Earthq. Eng., 2, 1973.
1972 研究成果
  • Furuzawa,T., K. Irikura, S. Takemoto and J. Akamatsu: Spectra of body waves from local small Earthquakes in the southern parts of Kyoto, Bull. Disas. Prev. Res. Inst., 22, 23-36, 1972.
1971 研究成果
  • Irikura, K., K. Matsuo and S. Yoshikawa:An analysis of strong motion accelerograms near the epicenter, Bull. Disas. Prev. Res. Inst., 20, 267-288, 1971.
  • 古沢 保・竹本修三・入倉孝次郎・赤松純平:地震波形におよぼすLocal Crustal Effectについて, 京都大学防災研究所年報, 14 A, 189-202, 1971.
1970 研究成果
  • Irikura, K., K. Matsuo and S. Yoshikawa: Vibrational characteristics of the ground near the epicenter, Proc. of the Third Japan Earthq. Eng. Symp., 285-292, 1970.
  • 赤松純平・入倉孝次郎・松尾和子:爆破震動および近地地震波のNear Surface Effectsについて, 京都大学防災研究所年報, 13A, 163-173, 1970.
  • 古沢 保・入倉孝次郎:局所地震のParticle Motionの方向について, 京都大学防災研究所年報, 13 A, 149-162, 1970.
1969 研究成果
  • 吉川宗治・島 通保・後藤典俊・入倉孝次郎・赤松純平:えびの・吉松町における地盤の震動特性の調査(I), 京都大学防災研究所年報, 第12号A, 33-45, 1969.
  • 島 通保・入倉孝次郎:SH型トルクによる多層構造地盤の震動特性について(2), 京都大学防災研究所年報, 12 A, 181-190, 1969.
1968 研究成果
  • 吉川宗治・島 通保・入倉孝次郎:松代周辺地域における地盤の震動特性について(第2報), 京都大学防災研究所年報, 11 A, 179-192, 1968.
  • 島 通保・入倉孝次郎:SH型トルクによる多層構造地盤の震動特性について(1), 京都大学防災研究所年報, 11 A, 198-201, 1968.
  • 吉川宗治・島 通保・後藤典俊・入倉孝次郎・赤松純平:人為加振による地盤の震動特性について, 京都大学防災研究所年報, 11 A, 165-177, 1968.
1967 研究成果
  • 吉川宗治・島 通保・後藤典俊・入倉孝次郎:地盤調査における2・3の問題(続), 京都大学防災研究所年報, 10 A, 165-180, 1967.
  • Yoshikawa, S., M. Shima, and K. Irikura: Vibrational characteristics of ground investigated by several methods, Bull. Disas. Prev. Res. Inst., 16, 1-16, 1967.
1966 研究成果
  • 吉川宗治・島 通保・入倉孝次郎:自然地震と人為加振による地盤の振動特性について, 京都大学防災研究所年報, 9, 119-136, 1966.
 
english page